お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

悲しき勘違い! 「脈あり!」だと思いきや本当は脈なしの言動4つ

ファナティック

女性から優しくされて、つい勘違いしてしまう男性は多いものですよね。脈アリだと思っていたら、本当は脈ナシだったなんて、悲しいエピソードをお持ちの方もいらっしゃるようです。男性のみなさんに、こっそりお話を聞いてみました。

誰にでもそうだった

・「誰にでもいい顔する人だった」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「誰にでもそういう態度だった」(24歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「誰にでも分け隔てなく接するタイプだったみたいで特別に思われていたわけではなかった」(33歳/機械・精密機器/技術職)

脈アリかと思っていたら、誰にでもいい顔をする相手だった場合、なかなか気付くのは難しいかもしれませんよね。相手に悪気があるわけではない分だけ、どこに気持ちをぶつければ良いか分かりませんよね。

デートにも行ったのに

・「デートにも応じてくれていたので脈ありだと思って告白したらふられた」(38歳/電機/技術職)

・「何回かデートに行ったのに、付き合おうって言ったら断られた」(35歳/通信/事務系専門職)

・「何回か誘ってオッケーしてくれたのにいざ告白したら玉砕した」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

デートにまで応じてくれていると、脈アリだと勘違いしても仕方ないと言えるものです。意を決して告白してみると、なぜか返事はNOだった場合、頭を悩ませてしまう男性も多いことでしょう。もしかしてデートに行ったときに、何か問題が起きていたのかもしれませんね。

メールがよく来た

・「メールがよく来ると思ったら、単なるメール好きだった」(34歳/運輸・倉庫/営業職)

・「メールの返信が早かったからいいかなと思ったけど、ただ律義なだけだった」(28歳/金融・証券/専門職)

・「ハートマークがついていたけど、営業トークだった」(28歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

LINEやメールの返信が早かったり、連絡が頻繁にあると、脈アリかなと思ってしまうものではないでしょうか。ただのメール好きだったり、リップサービスだったりすることもあるので、見極めに気を伝いものですね。

反応がいい

・「すごい反応のいい子で、こちらの話をものすごく興味を持って聞いてくれてると思っていたが、その子は八方美人で誰に対してもそのような感じで接していた。『あぁー、こういう子なのか』と思ってしまいました」(34歳/その他/事務系専門職)

・「取りあえず反応よく返事をする人だったので勘違いをしてしまった」(34歳/機械・精密機器/技術職)

・「やけに親しく話してくると思ったら、親友に興味があって紹介してほしいことが判明」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

こちらの言動に対して、一つ一つ反応が良ければ、もしかして自分に気がある?と思うこともあるものです。単純に反応が良すぎるだけの方もいらっしゃるようなので、自分以外の相手と会話しているのをチェックしてみると良いかもしれませんね。

相手にその気がないのに、脈アリだと勘違いして、自分だけが盛り上がってしまうと、悲しい結末を迎えることは少なくありません。オーバーアクションをすると、勘違いしてしまう男性もいますので、その気がない男性に対しては控えたほうが良いかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数114件(22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE