お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 家事

ぶっちゃけめんどくさくて……年末の大掃除でしか掃除しない場所5つ

ファナティック

大掃除の季節になると、なんとなく憂うつな気持ちに……。ただしここを掃除しないと、気持ちよく年が越せません。そこで年末の大掃除でしか掃除しない場所について、働く女性に聞いてみました。今年もここの掃除、気合をいれて頑張りましょう!

クロゼットの中

・「クロゼットの中。ひっくり返してまで普段なかなか掃除ができないから」(29歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「クロゼットの棚の奥。大がかりすぎて掃除しにくいので」(36歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

収納してある物を取り出さないと、きれいにできないクロゼットの中。ここの掃除を始めると、ほこりや汚れもそうですが物の配置そのものが気になってしまって、やり直したくなりますよね。本当に大がかりになってしまいます……。

換気扇

・「キッチンの換気扇。油でベトベトだし気合が必要だから」(36歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「換気扇。取り外しや取り付けが手間だから」(28歳/生保・損保/事務系専門職)

油のべたべた汚れを落とすのも大変ですが、取り外しと取り付けから面倒な換気扇の掃除。本当はもっとこまめに掃除したい場所ですが、この取り外しが面倒で年末まで後回しになってしまうんですよね。

窓枠・サッシはついさぼりがち

・「窓のレールの中。ほこりがたまっているのは分かっているけれど、面倒なので」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「サッシの部分。普段目に入らないからついサボってしまう」(31歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

窓枠やサッシの部分も、つい見て見ぬふりしてしまいやすい部分。ほこりがたまっているのは知っているのですが、どうしてかなかなか取る気になれない……。窓枠やサッシ専用のほこりとりで道具のお手入れが楽なものがあれば、もうちょっと掃除する気になるかも?

ベランダ

・「ベランダと窓。けっこうハードだから1年に1回しかしたくない」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「ベランダの床。おろそかになってしまうが、一年に一度はがんばる」(37歳/警備・メンテナンス/事務系専門職)

風や雨にさらしっぱなしなベランダは、落ちにくい汚れがたまりやすい場所。ここに鳥のフンが加わったりすると、肉体的にも精神的にも掃除するのがかなりハードになりますよね。またいつも使う場所じゃないため、ついつい掃除を後回しにしがち。

重い家電製品の周囲

・「冷蔵庫や洗濯機の裏側。重くてなかなか動かせない」(35歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「冷蔵庫の上と下(床との隙間)。冷蔵庫をズラしたり、上に置いてある物を片付けるのが面倒だから」(34歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

重い家電製品の周囲もほこりや汚れがたまっているのは知っているのですが、ついつい「知らない振り」したくなる場所。ただここをすっきり掃除すれば、年を越すときの気分がかなり変わります。キラキラした家で新年を迎えたければ、やっぱりここの掃除は避けられない!?

まとめ

年末にしか掃除しない場所、あらためて部屋を眺めなおしてみるとけっこう多いですよね。「ここも、あそこも掃除しなきゃ!」と思うとかなりブルーですが、やるかやらないかで翌年の気持ちがかなり変わります。気合を入れて、なんとか大掃除を乗り切りましょう!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数199件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]