お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼氏もちの女性にアタックするのは、イケナイこと? 「旦那じゃなきゃOK」「選ぶのは女性」

ファナティック

ドン新しい出会いが生まれ、好きになった彼女は彼氏持ち。普通ならば、あきらめるところですが、どうしてもあきらめきれない……! このまま突き進むのってイケナイ略奪愛? それとも既婚者じゃないからアリ? 今回は、好きな女性に彼氏がいると知りながら、アタックすることについてどう思うのか、男性のみなさんに聞いてみました。

Q.意中の女性に彼氏がいると知りながら、アタックすることはいけないことだと思いますか?

いけない……39.8%
いけないことではない……60.2%

アタックしてもいいと感じる男性が60.2%という結果に。相手が彼氏持ちだったとしても、あきらめずにアタックすべきと考えているのかも。ではまず「いけないことはない」と答えた人の理由を聞いてみましょう。

彼女が決めること

・「相手の女性が選ぶことだから。関係が良好なら一蹴されておしまいですし」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「その女性の気持ちを自分に向けさせることができればいいだけの話だと思う」(28歳/情報・IT/技術職)

・「アタックするのは自由だし、それで女性が振り向くのであれば、彼氏に勝ったということだから」(32歳/通信/技術職)

自分がアタックをして、それからどうなるかは彼女が決めること。そうでなくとも、好きだという気持ちだけは伝えたい、と当たって砕けろの精神でアタックを仕掛ける男性は多いみたい。

結婚していなければ……

・「結婚してなければ、自分の気持ちに正直にアタックすべき」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「結婚していなければ、チャンスはあると思うので」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

相手が既婚ならばあきらめるものの、そうでないのならチャンスはあるはず。結婚しているかいないかは、女性にアタックをするうえでとても重要なファクターのようです。

続いて「いけない」と答えた人の意見です。

揉め事の原因になる

・「ケンカの原因をつくることになるので」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「付き合っている人がいるなら、あとあと揉めるから」(32歳/小売店/事務系専門職)

・「彼女を混乱させると思うから」(25歳/電機/技術職)

たとえ彼女に振られたとしても、それまでに彼女の気持ちを揺さぶったり、動揺させることで周りにも迷惑をかけてしまうとの声も。確かに、恋は個人でできても、恋愛は一人ではできないもの。一人で突っ走るようではいけないのかも。

略奪愛は実らない

・「略奪愛なんて実らないと思うから」(22歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「付き合ったとしても面倒だから」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)

猛アタックの末彼女を手に入れられたとしても、そこから長続きしないだろうとの意見も。略奪愛は「彼女を手に入れた」ことがゴールになってしまい、そこから一気に気持ちが冷めてしまうこともあるのだとか。

彼女が彼氏持ちだったとしても、とりあえず自分の気持ちを伝えたいという人が多いことがわかりました。好きだという気持ちは、抑えようとしても抑えきれないもの。あなたならこんなとき、相手に恋人がいてもアタックしますか? しませんか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年10月にWebアンケート。有効回答数103件。22歳~39歳の社会人男性)

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE