お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

結婚したら専業主婦になりたい?⇒「はい」46.3%! その理由とは!?

ファナティック

専業主婦になるか共働きを続けるかは、結婚後の女性にとって大事な選択ですよね。経済的な事情で選択の余地なく共働きということも少なくありませんが、もし自分で選べるのならば専業主婦になりたいですか? それとも仕事を続けていきたいですか? 今回は、専業主婦になりたいか、なりたくないかについて女性たちに聞いてみました。

Q.将来は専業主婦になりたいですか?

「はい」46.3%

「いいえ」53.7%

専業主婦になりたいという女性のほうが少数派となったようですね。では、それぞれを選んだ理由を聞いてみましょう。

<「はい」と答えた人の意見>

■仕事から解放されたい

・「仕事に疲れているから」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「仕事をしたくないし、子どもがいたら心配だから送り迎えをなるべくしたい」(27歳/電機/営業職)

・「家事が好きだし、仕事のストレスから解放されたいから」(29歳/金融・証券/営業職)

今の仕事に疲れていたり、仕事のストレスから解放されたいという人は、結婚後に専業主婦になることを希望しているようです。今の気持ちのまま家事と仕事を両立しようとしたら、今以上に体も心も疲れてしまうのは当然ですよね。

■子育てや家事に専念したい

・「十分稼ぎのある旦那で、子育てをするときは専業主婦がいい。子どもが大きくなったらパートで小遣い稼ぎするのが理想。60越えたらパートも辞めて、習いごとやたまに旦那と旅行して楽しく暮らしたい」(33歳/金融・証券/専門職)

・「あまり長くない子育て期間を大切にして専念したい」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「仕事との両立なんてできないから、子どもとの時間を大切にしたいから」(33歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

子どもが小さいうちはできるだけ一緒にいたいという女性も多いようですね。ある程度大きくなったら仕事を再開することも考えるけれど、それでもパートでお小遣い稼ぎをするくらいにセーブしたいという女性も。仕事と家庭の両立で大変な思いをしたくないという人は、子育てや家事に専念できる生活が理想のようです。

<「いいえ」と答えた人の意見>

■経済的な安定や仕事の達成感がほしい

・「できれば少しは仕事をして両立させたい。手に職を持っていたほうが個人として自立してこれからやっていけそう、と自信にもつながりそうだから」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「経済的に独立していたほうが安心なので」(24歳/その他/事務系専門職)

・「将来どう思うかはわからないが、仕事をしているときの達成感があるから」(26歳/建設・土木/秘書・アシスタント職)

結婚して子どもが生まれたとしても自分の自由に使えるお金を持っておきたい、経済的に自立できる環境を整えておきたいという女性も少なくないようですね。家庭は大事だけれど、仕事で得られる達成感が捨てがたいという女性は、仕事を辞めてしまう気にはなれないみたいです。

専業主婦になりたいという女性のほうが少ないという結果になった今回のアンケートですが、みなさんの考えはどうですか? 単純に「仕事をしたくない」という理由で専業主婦になりたいと思っている女性もいるようですが、経済的な不安で仕事を辞められないという女性も少なくなさそうです。将来自分がどういう生活をしたいかを考えて、今からできる準備をしておきたいですね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数108件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]