お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

はぁ? 男性が興ざめした、キスのあとの「彼女のセリフ」3選

ファナティック

キスは、そのあとの余韻も楽しむもの。せっかくいい雰囲気になったのに、女性のひと言で彼の気持ちを冷めさせてしまうことも。キスひとつで恋愛が終わってしまう、なんていやですよね。というわけで今回は、男性が興ざめしてしまったキスあとの彼女の言動について、聞いてみました。

男性が興ざめしたキスのあとの「彼女のセリフ」

1.「もうちょっとうまいかと思った」

・「キスしたあとに『あまりうまくないんだね……』的なこtを言われた」(33歳/電機/技術職)

・「『もうちょっと上手だと思ってた』と言われてショックだった」(26歳/農林・水産/技術職)

・「へたくそ」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

キスのあとに「もうちょっとうまいと思ってた……」とキスの内容に文句を言ってきた彼女。男性としては、彼女に喜んでほしいと思ってしたのに、と怒りよりもショックのほうが強いみたいです。

2.「つまらない」

・「なんだ、もう終わり? つまらないや」(30歳/運輸・倉庫/技術職)

・「『なんかちがう』と言われたとき」(32歳/商社・卸/営業職)

・「『ふーん』と言われたとき。何を冷めてるんだと思うから」(31歳/情報・IT/事務系専門職)

キスそのものに対して、つまらない反応をする女性。せっかく高まった気持ちも「つまらない」のひと言で場がしらけてしまうもの。余韻に浸る間もなく、彼は戸惑ってしまうみたい。期待通りじゃなかったからといって、心ない言葉を浴びせるのはNGです。

3.「くさい」

・「『にんにくくせえ』と言われたとき。『黙っとけよ』と思いました」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「『口くさいね』と言われたこと。焼き肉を食べたあと」(29歳/医療・福祉/専門職)

やはり、キスをするときに気になるのは彼の口臭。とはいえ、同じものを食べたり飲んだりしたあとでは、自分も同じニオイになっていることも。口臭が気になっても、キスのあとに言うのはやめておいたほうがよさそうです。

まとめ

いかがでしたか? 彼女のセリフによっては、彼をもっと乗せられるけれど、空気の読めない発言で一気に冷めてしまうのがキスというもの。特別な行為だからこそ、お互いキス前後の気遣いというのは大事なのかもしれませんね。あなたも、こうした発言で彼を困らせていませんか。一度、思い返してみてくださいね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数107件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]