お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 夜のラブテク

うれしいっ! 男性の仕草や言動を見て、自分に夢中なのを感じる瞬間3つ

ファナティック

男性が自分に夢中になってくれているんだと実感できるのって、女性冥利に尽きますよね。気持ちを素直に言葉にしないことが多い男性でも「好き」という気持ちが仕草に表れていれば、女性としては愛されているんだと自信が持てそう。今回は、女性たちが「この人、私に夢中だな」と感じる男性の言動について聞いてみました。

■尽くしてくれる

・「どんなにケンカでひどいことを言っても、そのあとやさしくすると犬のように喜んで駆けつけてくるのを見ると、私なしではいられないのだなと思う」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「メールやLINEをすぐに返してくれること。私のことを最優先に思ってくれているような気がする」(24歳/食品・飲料/専門職)

・「嫌われないように、喜んでくれるようにと自分に尽くしてくれるとき」(28歳/機械・精密機器/技術職)

ケンカでひどいことを言ったあとでも何かあると自分の元に駆けつけてくる、喜ばせようといろいろな努力をしてくれる。そんな男性の姿を見ていると「私に夢中なんだな」と思えるようです。何よりも自分のことを最優先してくれていると思えるほど尽くしてもらえるのって、女性としての幸せを実感できますよね。

■見つめられたり、ほめられたりする

・「私が何かに夢中になっているところをじーっと見つめる。旅行先で工芸品のお店を見た後に『楽しそうでかわいかった』と言われた」(25歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

・「やさしいとかかわいいとか何回も言われたらそう思います」(27歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「ほめてきて、口説いてくる。バーにいた男にめっちゃほめられて口説かれた」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

何とも思っていない相手を何度もほめることはないだろうから、男性からほめられ続けると「この人、私に夢中なのかも」と思ってしまう女性もいるようです。ふと気づくと自分のことをじっと見つめている。そんな男性の姿を見ると片時も目を離せないほど好きでいてくれるのかとうれしくなりますね。

■ずっと触れていたがる

・「常に自分の腕や手を握っていてくれてすごく大事にされているなと感じたとき」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「なでられているときに全部触りたいけど手が足りないと言っていたとき」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「なかなか手を離してくれないとき」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

つないだ手をなかなか離してくれない、どんなときも体に触れていたがるという男性もいるようですね。「離れたくない」という気持ちが、大事にされている、愛されているという実感に繋がるようです。自分のことを「かわいくて仕方がない」と思ってくれているような気がする男性の言動ってうれしいものですよね。

「好き」という言葉はなくても男性が自分のことを思っている気持ちがヒシヒシと伝わってくる言動っていろいろあるものですね。もちろんストレートに気持ちを伝えてくれるのもうれしいですが、自分に夢中な気持ちを隠そうとしても隠しきれないといった言動を見ていると男性がかわいく思えてきませんか? いつも尽くしてくれる、何よりも自分のことを優先してくれる。そんな姿を見せられると自分もその気持ちに応えなきゃという気持ちにさせられますね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数152件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]