お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

そこまでガンバル意味がわからない! 女性が正直引いた、彼氏の仕事に対するがんばり4つ!

大場杏

仕事に限らず、やるべきことをきちんとできない人に好感を持つことは少ないのではないでしょうか。責任感は仕事でも、彼にも求められる資質ですよね。ただ、熱意がありすぎて逆に引いてしまうことあるようです。女性が思わず引いてしまった、彼の仕事に対するがんばりエピソードを見てみましょう。

休日出勤、泊まり込み

・「週末も仕事に行っていることがわかったときに、そこまでしてと引いてしまった」(30歳/医療・福祉/専門職)
・「会社に泊まり込みで、ほとんど自宅に帰らない」(24歳/その他/事務系専門職)

自分自身の仕事と比較した場合に信じられないこともありますよね。理解してサポートできたらいい彼女なのでしょうか……? でも、そこまでしないと終わらない仕事って……。

仕事をプライベートに持ち込まないで!

・「販売員をしていた彼氏、お客がつかないとの悩みを私にして来たと思ったら、お客さんとのシミュレーションをデート中に強要して来たこと」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

彼とロールプレイングするなんて恥ずかしいですが、むしろその彼のマインドは尊敬すべき! そして、彼のロールプレイング付き合った自分にも拍手!

仕事への投資額

・「仕事関係のセミナーによく行ってて、15万とかするセミナーにも参加したことあるみたいでびっくり」(31歳/建設・土木/事務系専門職)

似たようなセミナーにばかりに行くことで、安心感を得ていたら危険ですよね。自費で行くには高額なので、本当に必要なものか見極めてほしい! 彼が行ってたら、止めますか?

業務過多

・「毎日終電で辛い、嫌だといいつつ、楽しそうに見えるとき」(28歳/機械・精密機器/技術職)
・「残業が私にはありえない時間までやってる。そしてその後飲みに行くなんて、体が持たない」(22歳/金融・証券/事務系専門職)

理解しがたいことも色々ありますよね。仕事が楽しいと思えるのは幸せなことのように思えます。時間や付き合いが評価に比例することもあるのが、サラリーマンの不思議。

まとめ

プライベートも確保しつつ、精魂込めて仕事に取り組む姿は魅力的に映りそうですが、いかがでしょうか? 頻繁に約束をドタキャンされたり、優先比率を低くされれば不満は募ってしまいそうです。しかし、元気に稼いでくれれば、何も問題ありませんよね。むしろ、応援したくなります!

(大場 杏)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年10月にWebアンケート。有効回答数197件(22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]