お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 働き方

「朝残業」と「夜残業」、仕事の効率がアップするのは?

できることなら定時に帰りたいものですが、仕事が立て込んで残業せざるを得ないことってありますよね。残業をするなら、効率よく行って早く終わらせたいもの。そこで今回は、働く女性たちにこんな質問をしてみました。

 

Q.「朝残業」と「夜残業」なら、仕事の効率がアップするのはどちらだと思いますか?

「朝残業」……73.3%
「夜残業」……26.7%

朝残業を選んだ人のほうが多いという結果になりましたが、一体どうしてなのでしょうか? それぞれを選んだ理由を聞いてみました。

<「朝残業」を選んだ人の意見>

■夜はプライベートを充実させたい

・「夜はお酒を飲むから」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「夜だとダラダラ仕事をしてしまうと思うので、朝にちゃちゃっと仕事を終わらせるほうがいいと思うので」(26歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

朝残業がいいというより、夜はプライベートな時間として使いたいという女性が多かったです。嫌なことは早く終わらせて、夜は飲みに行くと決めていれば、仕事もはかどりそう。

■こんな説も

・「朝の勉強は夜勉強するより何倍も効率がいいと聞いたことがあるから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「起きて15時間以上経つと、酔っ払いくらいのパフォーマンスしか出せないらしいので」(29歳/商社・卸/事務系専門職)

「早起きは三文の徳」という言葉があるほどですから、朝残業のほうが効率がいいという意見は頷けます。酔っ払いレベルのパフォーマンスしか出せないのなら、あきらめて帰ったほうがよさそうですね(笑)。

<「夜残業」を選んだ人>

■私は夜型なんです!

・「朝のほうが絶対にいいと思うが、夜型なのでどうしても人がいない夜のほうが効率がアップする」(33歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「もともと夜のほうが脳が働くのと、残業代が出るのでやる気が出る」(30歳/その他/その他)

朝のほうが体にいいとわかっていても、夜のほうが体が元気……という人も。そういう人は、朝はあきらめて、夜残業をしたほうが効率がアップするのかもしれません。夜しか残業代が出ないという会社に勤めている人なら、朝残業でやる気が出ないのは納得ですね。

■夜の静けさが好き

・「朝は上司のミーティングあとに、あれやれこれやれ言ってきてうっとうしいから」(27歳/電機/営業職)

・「電話対応もないし、割と人もいなく、静かに仕事できるので」(23歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

夜になると、お客さんの電話もなくなるし、人も少なくなるので集中して仕事ができるという声もありました。確かに、何かの作業をしているときに、ほかの案件を振られたら集中力散漫になってしまいそう。

いかがでしたか? 朝残業のほうが体にいいと思いきや、意外と夜のほうが効率がアップするという声も多く見られました。朝晩に問わず、ムダな残業はしないように、効率よく仕事を進めていきたいものですね。

(マイナビウーマン編集部)

※画像は本文と関係ありません。

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数172件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]