お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

年上女性に恋しちゃった男子の本音「遊ばれたかった」「OLという雰囲気が大人に見えて」

ファナティック

年上女性近年は年の差カップルも珍しくなくなり、また、男性のほうが女性よりも年下というパターンも多く見受けられます。男性が年上女子に感じる魅力とは……? 年上女子に恋した瞬間を、社会人の男性に聞いてみました。

Q.年上女性に恋した(ときめいた・恋愛対象として意識した)経験はありますか?

「ある」28.6%
「ない」71.4%

3割近い男性が、年上の女性に恋した経験があると回答しました。そのときのお互いの年齢とエピソードを聞いてみました。

■背伸びしたいお年頃

・「20歳のとき、26歳。学生でしたので、社会人のOLという雰囲気がすごい大人に見えて。付き合いましたが価値観のちがいで別れました」(36歳/機械・精密機器/営業職)

・「自分が19歳のときに、22歳の先輩女性に。サークルの先輩だったけど、仲よくしてもらったけど告白できず卒業」(36歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

年上の女性との付き合いは、大人の世界観を垣間見ることができるため、自分も大人になったような気になるものです。同級生の女性にはない知性と色気に翻弄された経験がある男性も多いでしょう。

■若気の至り?

・「27歳で30歳が相手側。大人の女子だったので、遊ばれたかった」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「自分が23歳のとき、相手は32歳だった。28歳だと嘘を言われてた」(37歳/情報・IT/クリエイティブ職)

まだ、恋愛そのものを楽しみたかった若い頃。将来のことや相手への信頼よりも、一瞬の楽しさが大切で、それが遊びでも嘘でも、毎日がキラキラと輝いていたことでしょう。

■憧れが恋に変わるとき

・「職場の5歳年上の先輩に、いろいろと仕事のことを教えてもらい、あこがれたから。僕が27歳で、相手は32歳だった」(32歳/学校・教育関連/専門職)

・「中学二年のときに部活の指導のお手伝いに来ていた高校生の先輩に恋をしたことがあります。告白はしなかったけど、まわりが気を使ってくれて何度か二人きりで話をしたり家まで帰ったりできたのでよかったです」(37歳/金融・証券/営業職)

憧れと恋心は紙一重。初めはただ憧れていただけだったのが、接触を持ちたくなり、親密な関係を築きたくなるのは大人になった今でもあることです。姉のような面倒見のよさに心惹かれた男性も多いでしょう。

■叶わなかった恋心

・「23歳のとき、28歳の人。会社の先輩。ちがう先輩と結婚してしまった」(33歳/運輸・倉庫/営業職)

・「30歳のとき、相手は32歳。会社の先輩で、笑顔が素敵でやさしかったから、いいなぁと思った。でも私は彼女がいたので、何も進展はなかった」(32歳/ソフトウェア/技術職)

同級生や年下よりも難易度高めの年上女性との恋。その淡い恋心は伝えることもできずに終息を迎えてしまうこともあります。好きだけど突き進むことができない、年下男子の葛藤です。

たくさんの恋を経験して今があります。年上女子に憧れた若かりし頃も、今となってはいい思い出になっているはず。もしかしたらあなたも、年下男性から憧れのまなざしを向けられていたかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2015年8月にWebアンケート。有効回答数140件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]