お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

乗り気はしないが……行く! 女性が行く気になる、興味ない男性からのご飯の誘われ方4つ!

ファナティック

正直、名前もあやふや、顔の印象もそれほど強くない興味のない男性に、食事に誘われたことはありませんか? 自分では意識していなくても、相手は好意的な目であなたを見ているかもしれません。たとえ興味を持っていなくても、「これだったら食事してもいいかな」と思える誘い方を、社会人の女性に聞いてみました。

■自分が行きたいお店だったら
・「私が行きたがっていたお店。『予約できそうなんだけど行ってみない?』行きたいお店だし、強引じゃない誘い方がいいから」(28歳/医薬品・化粧品/・事務系専門職)
・「自分がずっと前から行きたいと思っていたお店に、『ちょっと君と行きたい店があるんだ』と言われたら。あまり捻らない誘い方がいい」(27歳/不動産/販売職・サービス系)

以前から気にはなっているものの、一緒に行く人がいなければなかなか行く機会がないお店もあります。友人同士で行く雰囲気のお店でもないし、相手が男性なら問題なく入れそう、そんなお店に誘われたら思わずついていきたくなりますね。

■この機会を逃したら……
・「なかなか予約の取れない高級なレストランだったら」(32歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)
・「『ミシュランに載ったお店に一緒に行かない? ごちそうするから』。ミシュランのお店はなかなか予約が取れなくて、おいしそうだから」(30歳/医療・福祉/専門職)

たとえあざといと言われようとも、おいしいものと高級なものには目がないのが女性というものです。この機会を逃したら、もう行くことはないかもしれない……。そんな滅多に行けないお店の名前を出されたら、相手が誰であろうと行ってみる価値ありと判断するでしょう。

■みんなと一緒の条件付き
・「『おいしいものをみんなで食べに行こう』。食べることが好きだし、2人きりじゃなかったら行きやすいから」(24歳/建設・土木/技術職)
・「ほかの人も誘っていいので、ご飯に行こうと言われると行ってもいいかなと思う。2人きりじゃなければ大丈夫かと思うから」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

おいしいものは食べたいけれど、2人で行くには抵抗がある。そんなときはすかさず、「いいね、みんなで行こう!」と返してしまいましょう。それで浮かない顔になってしまったら、おいしいものは諦めたほうがいいかもしれません。

■誠意が感じられる誘い方
・「『前から2人きりで出掛けたいと思っていた』と言われると行こうと思う。自分に対してどのような興味を抱いているのかが、すごく気になります」(31歳/その他/その他)
・「『本当に1回だけ、ご飯に付き合って』。一度だけ、ご飯だけ、と言われたら、まぁいいかなぁと思えるから」(28歳/学校・教育関連/専門職)

興味のなかった男性に、興味を持つ瞬間です。誠実な誘い方に嫌悪感を持つ女性は少ないでしょう。ですが、もし自分が100%可能性はないと思う相手なら、余計な期待を抱かせてはいけません。丁重にお断りしましょう。

一緒に食事することで、今までは知らなかった相手の一面が見えてくるものです。気を付けなければいけないのは、打算で行動しないこと。男性は相当な覚悟を持って、真剣に誘っているかもしれません。誘いに乗るか乗らないかは、自分の損得だけを考えて行動せずに、相手の気持ちを考えて判断することが大切です。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2015年8月にWebアンケート。有効回答数191件(22歳~39歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]