お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男子が「超苦手な」女子の素直じゃないところ4選

男子は、おそらく高校生くらいから、女子の話を額面通りに受け取るとヤバいということを知っているのかもしれません。たとえば好きな男子に「あたし、あなたのことなんか、ぜんぜん好きじゃないし」と言う女子。男として、その言葉をそっくりそのまま受け止めて絶望していたら、翌週に「好きだよん」なんてことを言われて、「はあ?」となった男子はきっと多いはず。女子ったら素直じゃなくてさ……男子はそう思っているのかもしれません。今回は、男子が超苦手な「女子の素直じゃないところ」に迫ってみたいと思います。さっそくご紹介しましょう!

■1:どうしようかな……
「あきらかに、俺たちはもう付き合えるだろうという段階になっても、まだ『付き合うの? ん~? どうしよっかな~』と言っている女子が苦手です。もう悶々としちゃって、返す言葉も浮かんでこないんですよね」(27歳・IT)

もう付き合えるだろうというときになって「付き合おうかな、どうしようかな」と女子に言われても、男子は「付き合おうよ」としか言えないのかもしれません。「付き合おうよ」としつこく言い続けると、今度は「しつこい男は嫌い」と返ってくるわけで、男子は頭を抱えるしかなかったりしますよね。

■2:ごめんなさいは?
「彼女はよくデートに遅刻します。そのたびに、ぼくは不機嫌になります。ぼくが不機嫌になっていると『あたしの前で怒ってもいいと思ってるの?』とか『遅刻も許せないってどういうことよ』と逆切れして、ぼくに詫びの言葉を求めてきます。『ごめんなさいは?』と彼女に言われるほど屈辱的な瞬間はありません。苦手な瞬間です」(25歳・建築)

こういう素直じゃない女子を前にして、すぐに「ごめんなさい」と言う男子は、相当遊びなれているように思いますが、女子のみなさん、いかがでしょうか。

■3:もう帰る!?
「彼女とデートをしていて、甘い雰囲気になったときに、ぼくが冗談で彼女が怒りそうな発言をしてしまったら『もう帰る』と彼女は言います。帰る・帰らないで10分くらい押し問答が続きます。ホントはぼくとエッチしたいの、わかってるんですが!」(26歳・飲食)

これは、彼がホントに困り果てて「じゃあもう帰りなよ」と言ってしまったら、女子はどうするのでしょうか? エッチしたかったな~と思いながら、ひとりで電車で帰るのでしょうか?

■4:今日は無理!
「絶対に、今日のデートではエッチできると思っていたんですが、彼女は『今日は無理』と言いました。付き合って2年ですよ! 3回に1回くらい、こんなことがあります。で、結局、無理じゃないだろ、みたいな話を延々と1時間くらいして、やっと彼女はハダカになります。」(24歳・イベント制作)

エッチしたい気持ちを奥のほうにしまっておけるというのは、女子ならではの得意技なのでしょうか?

たとえば、好きな男子が「今日は無理」とか「もう帰る」と言えば、女子はどうするのか? 俄然、がんばる気持ちがわいてくるのか、哀しみに暮れるのか? 今回の証言を総合的にとらえると、男子は、おおむね哀しみに暮れていると言えます。「あまり素直じゃないのも、ど~なのよ!?」というのが、今回の結論ですが、いかがでしょうか?

(ひとみしょう)

お役立ち情報[PR]