お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 夏のおなかトラブル

デートコースは突然変更!? 予期せぬ事態にトーンダウンした経験4つ

ファナティック

せっかく楽しみにしていたデートが、突然の事態に見舞われてやむなく変更せざるをえない状態になったとき、多くの人は計画通りにいかないことに多少のストレスを感じることでしょう。デートコースの変更で一気に気分が落ちてしまった経験を、社会人の男性に聞いてみました。

Q.デートの予定を急に変更せざるを得ない状況で、場の雰囲気が一気にダウンしたことはありますか?
「ある」14.4%
「ない」85.6%

少数ではありますが、急な予定変更でトーンダウンした経験があるという男性もいるようです。そのときのエピソードを聞いてみました。

天気が悪化、気分も悪化

・「名古屋旅行で台風が近づいたので、あまり駅から離れた場所に行かないように変更した結果、後からあそこに行きたかったと愚痴られた」(24歳/学校・教育関連/その他)

・「雨で花火大会が中止になったときは場の雰囲気が一気にダウンした」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

こればかりはどうしようもありません。誰もせいでもないので諦めるほかないのです。当初の予定どおりにはいかなくても、せっかく休みを合わせたのですから、二人でゆっくりインドアを楽しみましょう。

人出の多さでプランを断念

・「彼女が行きたいと言っていたところが混んでいたり、行きつくまでの道が混んでいてたどりつけないので変更した。文句を言われた」(29歳/情報・IT/技術職)

・「レストランがいっぱいではいれなかった」(27歳/情報・IT/営業職)

どこかに出掛けるときは、インターネットなどで後悔されている混雑予想を参考にするといいでしょう。混雑を避けるには事前の情報収集が大切です。同じ場所でも混雑時とすいているときとでは楽しさの度合いがまったくちがいます。

旅先あるある

・「旅行バッグを駅のロッカーに預けて観光する予定が、ロッカーの空きが見つからず、ロッカー探しで時間がかかり、予定が狂い、二人ともムスッとしてしまった」(32歳/ソフトウェア/技術職)

・「予定していた店が閉まっていて歩き回ることになって」(35歳/小売店/販売職・サービス系)

見ず知らずの土地に行く場合は、とにかく歩き回ることを覚悟しましょう。計画どおりにいかなくても、そのハプニングを楽しめるくらいの精神的な余裕を持つことが大切です。旅先では常にポジティブな思考を持って行動しましょう。

代替案も効果なし

・「動物園に行こうとしていたけど、当日に雨が降って、映画館に言ったけれど、特に見たいものが上映していなかったときに、雰囲気だだ下がりした」(27歳/情報・IT/技術職)

・「急に雨が降ってきたので予定を変更しようとしたところ、彼女の態度が急変」(28歳/情報・IT/技術職)

出だしがうまくいかないときは、代替案さえうまくいかないものです。代替案を考えるときは気持ちが焦っていて十分な下調べができないまま行動に移してしまいがちですが、それがさらなるトーンダウンを招いている可能性もあります。

予定どおりことが進まないと不機嫌になる人がいます。ですがほとんどの場合、それは彼や自分の責任ではないのです。多くの場合は不可抗力によるものなので、いかに早く気分を切り替えられるかがポイントになります。いつまでも落ち込んでいてはせっかくの一日がもったいない! デートは楽しませてもらうものではなく、自分で楽しむものなのです。

(ファナティック)

※マイナビウーマン調べ(2015年7月にWebアンケート。有効回答数104件。22歳~39歳の社会人男性)
※画像は本文と関係ありません