お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

チャラい? それとも紳士的? 女子が思う「香水をつける男性のイメージ」5パターン

藤田佳奈美

仕事・恋愛・ライフスタイルなど、「まわりの女子の実態はどうなの?」に迫ったコラムです。働く女子だからこそ気になっているあんなコトやこんなコトを毎日配信中!

いい香りのする男性には、女子も思わずクラッときてしまいますよね。とはいえ、男性が香水をつけるのは、好き嫌いもあるかもしれません。香水をつける男性に対して、どのようなイメージがあるのか、20代女性に聞いてみました。

ホストやギャル男っぽい

「近くに寄らなくてもわかるくらいの強烈な香りをまとった男性は、『ホストかギャル男なの?』と思ってしまう。適度に香水をつけるのはいいと思うけど、つけすぎの男性はチャラいイメージがある」(25歳/美容)

適量ならまだしも、大量に香水を吹きかけているとなると、遊び人のイメージがついてしまうようです。

グリーンティの香りは好感度高い

「グリーンティのように爽やかでナチュラルな香りは、やさしい人がつけているイメージがあって好印象。柑橘系ほどサッパリしすぎていないし、バニラ系ほど甘くない感じがちょうどいい」(27歳/IT)

ナチュラルなフレグランスは、香水が苦手な人も比較的受け入れられますよね。まわりへの不快指数が低いため、印象も悪くないようです。

仕事ができるイメージ

「ポマードのような男性の整髪料の香りや、それに似た香水の香りは、仕事ができる人のイメージがある。それに男性ならではの香りだから、つい異性として意識してしまう」(26歳/出版)

いかにも“THE 男性”な香りには、ワイルドで頼もしい印象を持つようです。個人的にはポマードは団塊世代の大人の香りという印象があります。

ナルシストが多い?

「香水はナルシストの人がつけていそう。男性は香水なんてつけずに無頓着なほうが好きです」(24歳/IT)

男性が香りまで気にしてしまうというそのスタンスが、自意識過剰だという印象を与えてしまうようです。

身だしなみがしっかりしていそう

「汗臭かったり、体臭がきつかったりする男性が多い中、ニオイにまで気を使っているところは好感が持てる。そこまでケアしているということは、ほかの身だしなみの面でもちゃんとしていそう」(23歳/医療)

汗を大量にかく夏場は特に、スメルハラスメントが問題視されていますが、香水をつける男性はニオイまで配慮しているといえますよね。

よい印象も悪い印象も与えかねない香水ですが、適量と大衆受けする香りさえ押さえておけば、女性からの好感度も上がるようです。みなさんは男性がつける香水についてどう思いますか?

※画像は本文と関係ありません

(藤田佳奈美+プレスラボ)

藤田佳奈美

セーラームーン世代のフリーライター・イラストレーター。一眼レフ片手に都内各地を奔走中。「働く女子の実態」では、4年間の遠距離経験や復縁経験などを生かし、女性の参考になるような記事を心掛けています。あたりめとビールとパジャマをこよなく愛する干物系ですが、オシャレもおでかけも恋バナも大好き。ファッション誌よりもカルチャー誌を好み、20歳頃から雑誌「婦人公論」が愛読書の雑食系雨女です。

この著者の記事一覧 

SHARE