お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

【追い込み女子の実態】気合を入れすぎて自爆しちゃった! バレンタインでの失敗談6つ

森もり子

なかなか返事をくれない彼氏をつい追い詰めてしまう、そんな「追い込み女子」。こんな気持ちにリアルに共感してしまう女子は多いはず。悲喜こもごもな「追い込み女子」の実態を、累計19万DL超の大人気LINEスタンプ作者・森もり子さんのイラストにのせて紹介します!

バレンタインこそ、好きな彼に気持ちをしっかり伝えよう! と気合を入れすぎてしまうこと、ありませんか? そんなあなたはご用心。がんばりすぎて自爆した、バレンタインでの失敗談を働く女性に聞いてみました。

「手作りチョコレートを作ったのに慌てていたため、持ってくるのを忘れてしまったこと」(32歳)※イラスト:森もり子、書き下ろし

■手作りチョコを忘れ物!

・「手作りチョコレートを作ったのに慌てていたため、持ってくるのを忘れてしまったこと」(32歳/自動車関連/事務系専門職)

なんと! 気合を入れて手作りしたのに、持参するのを忘れてしまう女性も。うまくでき上がったことで満足してしまったのでしょうか。

■手作りケーキが半生で……

・「作ったこともないのにチョコレートケーキを作ったら、半生で、彼にあげたらお腹を壊していた」(26歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

バレンタインは、愛情をいっぱい込めたくて手作りにチャレンジすることも。ただ、ケーキがちゃんと焼けていないと悲劇が……! 事前に作ってみて練習しておく必要があるのかも。

■待ち伏せしてうざがられた

・「手作りして駅で彼を待っていたら、重かったみたいで喜ばれなかった」(32歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

バレンタインの日に待ち伏せをしてしまうと、相手との関係性によっては重い女扱いされてしまいます。「プレゼントは私」作戦かもと彼氏をビビらせてしまうこともあるので要注意です。

■ファッションにドン引きされた

・「胸を盛って、ミニスカを履いて、ブランドチョコを渡しに行ったら、ギャルと思われて嫌われた」(28歳/金融・証券/営業職)

男性はナチュラル好きとよく言われます。品よく清楚な格好をしていくほうのが正解。

■徹夜の準備で体調不良に

・「チョコレートケーキをたくさん作り、徹夜して、翌日具合が悪くて、顔色が悪いと心配された」(28歳/電機/技術職)

がんばりすぎて自分自身が体調を崩してしまったパターン。彼に体調を気遣ってもらえたのはうれしいけれど、できれば元気な笑顔で渡したかったですね。

■サプライズに失敗

・「まるで宝探し風に仕上げたのですが、彼が全然見つけることなく、結局私が手渡しをしました」(30歳/その他)

宝探しを仕組んだのに、彼が見つけてくれなくっちゃ意味がありません。次回はもう少し見つけやすい場所に隠すべき?

■まとめ

バレンタインは自分の気持ちを伝える、最大のチャンス。ただし伝え方を間違えると、彼氏からドン引きされる原因に。空回りしすぎない程度に、余裕を持ったプランを立てたいものですね。

(ファナティック)

※イラスト:森もり子、書き下ろし

※『マイナビウーマン』にて2015年1月にWebアンケート。有効回答数204件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]