お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 生活

共学育ちとは異文化! 女性に聞いた“女子校育ちの女子”の特徴5つ

お嬢さまが多い? 女の園……? 男性のいろいろな妄想を駆り立てる(らしい)女子校。しかし実際には、そんなイメージが当てはまらないことが多いものです。ということで、その実態を探るべく、女性のみなさんに「女子校出身者の特徴」について聞いてみました。

■男性が苦手

・「男性と話すのが若干苦手。男性と接する機会が少なかったから」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「男の人と話す免疫がない。理想が高い。少女マンガの影響が強いと思います」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「男性と会話するのが苦手。自分もそうだから」(31歳/医療・福祉/専門職)

恋愛への興味が高まる高校時代。その時期に男性から離れた生活を送っていると、どうしても同年代の男性との関わり方がぎこちなくなってしまうのかも。

■サバサバ? 男っぽい?

・「サバサバしている。女を武器にしていないので」(26歳/情報・IT/営業職)

・「どこか男を頼らず生きてきたり、サバサバしてたり、おっさんくさいとこがある。自分が女子校出身だからそう思う」(26歳/金融・証券/専門職)

・「意外と男前。自分の性格を隠す必要がないから」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「男性の目にさらされることが少なかったからか、意外と豪快な女性が多い」(29歳/その他/その他)

・「男性との距離感がうまくつかめないまま、変に甘えキャラになったり、逆にサバサバしすぎになったりする。妹を見ていて、そんな感じ」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

女ばっかりの世界にいると、女性の意外な魅力が出てきたりしますよね。やたら男前な女性が表れたりするものです。

■強い女が多い

・「強気な人が多いと思う。多分、女の世界が厳しいからだと思う」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「自己主張が強い。女の世界、主張しないと生き残れない」(27歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「プライドが高い。男の人をたてるという文化がないので、自分が一番偉くなりたいと思っているから(経験談)」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

女同士のやり取りって、けっこうズケズケと物を言ったりしますよね! それが楽しかったりもするものですが、単なる自己主張になってしまうケースもありそう。

■二極化

・「イケイケの子と地味な子と分かれる気がする。まわりがそうだから」(31歳/学校・教育関連/技術職)

・「キャピキャピしている人と、男勝りにさばさばしている人がいる。女子校ではどちらか両極になりやすいのでは」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「男性に慣れていない人と男性に奔放な人の2極化。まわはそういう人ばかり」(28歳/商社・卸/営業職)

・「男性の前と女性の前と態度がちがう。特に男に迎合的」(30歳/農林・水産/事務系専門職)

なんとなく二極化していたり、人によって接し方を変えたり……なんとなくわかる、という人も多いのでは。

■着替えが大胆!

・「職場でスタッフたちの前での大胆な着替えをいとわない。見られ慣れているし、触られ慣れているから」(26歳/医療・福祉/その他)

・「女性だけでいるときに、男っぽい。着替えとかが大胆」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

・「着替えが大胆。男の目がないから」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

女性だけの空間にいると、隠れて着替えるなんていう面倒なことはしなくなってしまうのかも。

■まとめ

もちろん、女子校出身者だけに当てはまる特徴ではないと思いますが、これらの傾向が強いのは、ほぼ間違いなさそうです。あなたのまわりの女子校出身の人はどうですか……?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2014年12月にWebアンケート。有効回答数196件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]