お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家男女の本音 結婚

亭主関白になりそうな男性の見抜き方 亭主関白とかかあ天下どっちが幸せ?

中村はるみ

夫婦円満コンサルに聞く! 亭主関白な家庭の実態

亭主関白な家庭の実態とは、どのようなものなのでしょうか? 身近にサンプルがいない人は不安かもしれませんね。そこで夫婦円満コンサルタントの中村はるみ先生に、亭主関白な家庭の実態を詳しくうかがいました。

亭主関白とかかあ天下はどちらが離婚しやすい?

wedding-1164933_640

まずは、亭主関白な家庭とかかあ天下の家庭だったら、どちらが離婚しやすいものかを聞いてみました。

離婚しやすいか、うまくいくかは、夫の器次第です。

外や子どもの前では亭主関白、でも妻を愛する夫で、妻を自由にし尊重している男性なら、亭主関白の方が上手くいくでしょう。妻の自由を尊重し外や子どもの前ではかかあ天下、でも経済を握っている司令官が男性なら、かかあ天下の方が上手くいくでしょう。

このように、家庭内のバランス次第です。このバランスが崩れたら、亭主関白であっても、かかあ天下であっても離婚に至ってしまいます。例えば以下のようなときです。

・自分に自信がない男性は、妻にリスペクトのない亭主関白を望む傾向が強いです。常に夫のお守をしなければならない状態では妻がいつか切れ、離婚に至ってしまうでしょう。

・一方、自分に自信がない女性ほど夫と戦おうとします。そして家庭では仕切ろうとかかあ天下を敷き、夫を馬鹿にする傾向が強いです。その結果、夫が浮気をしたり、自由になりたくって離婚に発展します。

亭主関白になる彼氏の見抜き方【チェックリスト付き】

wedding-2186220_640

続いては、亭主関白な男性はやはり遠慮したい、と考える女性向けに、結婚したら亭主関白になる彼氏の見抜き方を中村先生に教えていただきました。チェックリストになっているので、気になる彼をチェックしてみましょう。

下記の項目が多いほど問題のある亭主関白になりやすいです。

□1.俺様目線の上からの言動が多い
□2.人の話を聞かない
□3.人を非難することが知性だと勘違いしている
□4.一人暮らしをしたことがない
□5.一人っ子・田舎の長男
□6.負けず嫌い
□7.プライドが高い
□8.自分の価値観を相手に押し付ける。束縛が激しい
□9.女は能力が低いという考えを持っている
□10.他人への配慮が足りない
□11.母親が家事のすべてをしている
□12.家事は女性がやるものだと思っている
□13.人から一目置かれる地位にいる弁護士・医者・会計士・エリート
□14.「男らしい」「女らしい」等、性差にこだわる
□15.強いものへあこがれる
□16.冷静に議論するのが苦手
□17.自分から謝らない
□18.誉め言葉に弱い
□19.妻が家庭を守り、夫が仕事に集中できる環境つくりを望む
□20.父親が男尊女卑の考えを持っている

亭主関白の男性とうまくいく女性とは

marriage-1880258_640

続いて、亭主関白の男性とうまくいく女性のタイプについて教えていただきました。意中の彼に亭主関白の傾向があった人は、必見です。

妻よりも夫が絶対的な権力を持つ夫婦関係を亭主関白というのですが、判断力・決断力・経済力・行動力・責任感・思いやりなどがないと本来、亭主関白の地位をゲットできません。ですから、亭主関白が悪いのではありません。能力がなく、自分に自信がない男性が自分の家族に対して自分がいかに有能かを証明する亭主関白もどきの夫が問題なのです。

亭主関白の男性と結婚するのに向いている女性は、自分に自信がなく決断できない依存的な女性と、自分に自信があり、決断できる自立できる女性と、両極に分かれます。

なぜなら、夫を有能と信じ褒めること、もしくは自由を与えることで、亭主関白の夫をコントロールできるからです。精神力が中庸な女性では、ぶつかり合うのでうまくいかないでしょう。

亭主関白とモラハラ夫の違いとは

the-altar-1955675_640

モラハラ夫という、妻を支配したがる男性がいますよね。一見亭主関白の男性とも似ていますが、一体なにが違うのでしょうか。中村先生に解説いただきました。

モラハラ夫と亭主関白夫の違いは以下の通りです。

・モラハラ夫の思考回路は「全て悪いことは相手の責任」です。全て妻の責任にします。妻に罪悪感を与え妻の自信を奪うことで、妻が自分を責めるようにします。さらに妻を貶めることでモラハラ夫は浮上し「自分は上だ」と満たすことができるのです。亭主関白夫は、基本妻子を守るために自分の言動に責任を持ちます。

・モラハラ夫は他人の目があるときは基本的にとってもいい人です。極端な二面性を持っています。つまり外面と内面が極端に違うのです。ですから、モラハラスイッチがオフの時は女性への気遣いができる男性なのです。亭主関白夫は女心に疎い男性が多いです。人間ですから多少の二面性はありますが、正直です。

・モラハラ夫は自分の不幸話をし、妻に「私だけはどんな時も彼を愛そう」と自然に思うように仕掛けます。亭主関白夫は、自分の不幸話は避けます。

・モラハラ夫は、自分の感情コントロールができません。突然切れることがあります。それは予測不能です。亭主関白夫の怒りの理由は推測できます。

・モラハラ夫は器が小さく、自分に自信がないのですが、誰かを馬鹿にして自分を優位に立つことでプライドを満たします。亭主関白夫は、正論にこだわります。

次ページ:結論:亭主関白夫も悪くない。結婚生活がうまくいくかは自分次第

お役立ち情報[PR]