お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

【兄弟姉妹あるある】「ひとりっ子で“得”したな」と思ったこと10

ひとりが好きで、ひとり遊びが得意だったり、我が道を行くことの多いひとりっ子。今回は、ひとりっ子で“得”したなと思ったことを自己分析してもらいました。

・「親からたくさん援助してもらえる」(27歳/金融・証券/営業職)

・「お下がりがなく、いつも新しいものを着れた」(25歳/マスコミ・広告/営業職)

・「何でも独り占めにできること」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「お菓子の取り合いがない」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「お年玉をたくさんもらえる」(29歳/情報・IT/専門職)

・「子供が自分だけなので、家族は、おおむね自分に合わせてくれていた」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ひとり部屋があったこと。家の広さにもよるとは思いますが、我が家にはちょうど子供部屋はひとつしかなかったので」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分のペースで何でもできた。兄弟と比べられない」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「ものを分け合わなくてもいい。まるまる一個もらえる」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「あまり何かを制限されたことがない」(28歳/その他/秘書・アシスタント職)

「ひとりっ子で“得”したな」と思ったこと、いかがですか? 両親の愛情を独り占めできて、誰かと比べられることもなく、伸び伸び育ったという声が目立ちました。みなさんは、どう思いますか?

(マイナビウーマン編集部)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月~5月にWebアンケート。有効回答数298件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]