お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 生活

【当たる占いレポート】TVでもおなじみの霊能力者・立原美幸のタロットは別格の的中率

松本玲子

相談者を思っての辛口コメントが飛び出すことも……

分野を問わず、エキスパートと呼ばれる人たちは、生まれ持った才能や努力の程度が他者とはケタ違いである。

とはいえ、その道を極めるために睡眠中も修行しているという話は未だかつて聞いたことがなかった。しかし、霊能力者の立原美幸さんは、本人いわく「寝ているときに勉強することもある」のだという。

一体どういうことなのだろう?

■睡眠中は、別の世界からのメッセージを受け取ることができる!

「睡眠中は、別の次元からのメッセージを受け取ることができる大切な時間なんです。しかも、起きた後もそれを記憶しておかなければいけません。起床後、受け取ったものをきちんと整理することで、いざというときにその知識を活かすことができるんです」

もちろん、それを活かすタイミングとは、悩める誰かを幸せな未来へと導くときである。

しかし、その際には、時に辛辣な言葉を浴びせることも厭わない。「人生には、どこまで進んでも光がみえないように思える期間もあるもの。

だけど自分自身が心を閉ざしていることが原因でそうした状況に陥っていることも多々あるし、苦境から抜け出せないジレンマから周囲がよくみえなくなっていることだってあるでしょう。

だけど、自分に不足しているものや見過ごしているものに気付いた瞬間から、人生の軌道修正がはじまるんです。だから、相談者に足りないものがあれば、不躾だと思われようと、私ははっきり言うんです。でも、それはその人に改善の余地があると思ってこそのこと」

■カードの意味を読むのではなく、「タロットの声を聴く」ことが大切

早速、私も、仕事についてみてもらったところ、「あなたの前にあるハードルは、自分で作りだしているものです。心のブロックを解除して、まずは準備を整えることから始めるべき」とぴしゃり。

さらにタロットカードをめくりながら、今度は具体的な解説が始まる。「あなたが本当に書きたいものは、人の心の琴線に触れるようなメッセージ。きれいごとを並べた文章じゃなく、想いを込めた言葉を生み出したいと思っているはず。

そこに自分の経験を落とし込んでいくことで、人生がうまくいっていない人にとって大きな力となるような……。

だけど現状そういったものを書くことに注力できていないのは、たとえばお金の問題もあって書きたいことだけ書けていないのかもしれないけど、まずは心の準備を整えて『今できること』から始めていかなきゃ」。

あまりにも正確に言い当てられたのでびっくりして、「タロットを読んでるだけじゃなくて、霊感を使って私のことを視てるんですか?」と尋ねたところ、「カードが言ってることを聴いてるだけよ!」と半ば怒られてしまう。

しかし気を取り直して、今度は恋愛についてみてもらうと、「財力のある人との結婚の暗示が近いところに出てますね。

彼はあなたにとってベストパートナーで、あたたかい家庭を築けるでしょう。しかも、仕事やクリエイティブなことにおいて、あなたと同じ志を持っている人。

ただ、一つ問題があるとすれば、相手は商才があって『売れるものを作りたい』という考えの持ち主である可能性が高いけど、あなたは売れるかどうかに重きを置いていない人なので、その点にはストレスを感じてしまうかも」とのお答え。

本当にそんな未来が待ちうけているなら、それがいつごろなのか詳しく知りたい……!と思うも、立原さんは、「タロットや霊視をおこなう際には、絶対にオチは口に出さない」という。その心は、「結末は自分で作るものだから」とのこと。

ということはつまり、現状、タロットが告げている未来も、本人のおこないによっては変化しうるということだ。

「そう。運は生き物なんです。でも、だからこそ、いいことがあったときにそれをみんなにおすそわけすることで、その運が戻ってくるんです。たとえば10人に“おすそわけ”しておけば、後々、幸運が10回戻ってくると考えたらすてきでしょう?

しかも、おすそわけする過程で生まれた人脈によって、後々、仕事で助けられることだってあるかもしれないですし。

『でも、そもそも運はよくないし…』って人は、厄払いするといいですよ。といっても難しく考える必要はなくて、たとえば募金するとか、落し物を拾ってあげるとか。

私は今年の大雪の日に、窓を開けて野鳥にえさをあげましたけど、それだって同じこと。食べ物がなくて死んでしまうかもしれない動物の命をつないだことは、いつか自分にかえってきます。それに、誰かを助けることができたらそれだけでも、自分まで幸せな気持ちになるでしょう?」

また、立原さんによると、誰かを救うためには、まず、自分が本当にほしいものを手にいれることが必要なのだそう。

「自分を潤すことができない人は、人を潤すことはできないんです」

確かに、同じ境遇に置かれている人の痛みに共感して愚痴をきいてあげることができたとしても、窮地からの脱出方法を伝授してあげることができなければ意味がない。

人を潤すことのできる自分になるために、まずは自分が幸せにならなくては。

立原さんの言葉を聴いていると、強くそう思うことができた。

ちなみに、立原さんは普段は茨城・水戸で鑑定しているが、月に1度、東京・銀座のパワーストーン専門店でもイベントをおこなっている。

イベント当日に10,000円以上商品を購入したは、なんと無料で鑑定を受けることができるのだとか。貴重なこの機会に、タロットの声を聴いてもらってみてはいかが?

エルドラードでは立原美幸オリジナル「眠るとき専用」ブレスレットも販売。左上から右回りに、精神安定、仕事運、恋愛運、金運

(松本玲子)

■information

立原美幸webサイト
http://miyuki-888.webnode.jp/

お役立ち情報[PR]