お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
専門家 生活

【マナー講師監修】結婚祝いでのご祝儀袋、失敗しない選び方・書き方

林拓鶯

最近のご祝儀袋は、かわいくてカラフルなものから豪華なものまでいろいろ。つい好みで選んでしまいそうだけれど、ご祝儀袋は袋の選び方、書き方、袱紗(ふくさ)の包み方など知らないと恥ずかしい決め事がたくさん。結婚祝いの席で恥をかかないよう、ご祝儀袋の正しい書き方について書道講師の林拓鶯さんにお聞きしました。

ご祝儀袋

■ご祝儀袋の正しい書き方

結婚祝いのご祝儀袋について、表書き、中袋の書き方や使う筆記用具などを紹介します。

筆記用具

◇表書きの書き方

まず、贈る趣旨を記載する「表書き」は、「寿」「御祝」「御礼」などの文字がご祝儀袋の中心に来るように書きます(袋によっては中心ではないものあります)。中心の取り方は付箋などを使って工夫するとわかりやすく、付箋の中心に矢印を書いてそこから書き始めるようにすると安心して書き出すことができます。文字は「御」を少し小さめに書くときれいです。他の文字は画数が少ないものは小さめに、画数が多いものを少し大きめに書くとバランスがよくなります。今では表書きが印刷されているものがありますが、気持ちを込めて自分で書いてみるのもよいと思います。

◇名前の書き方

☆ひとりの場合

中央に表書きより幾分小さめに書きます。同姓の出席者と間違いのないように、フルネームで書きましょう。

☆連名にする場合

格上の人の名を中央に書き、その左に順番に書いていきます。同格の場合は、五十音順で構いません。また、夫婦で連名の場合、右側にご主人をフルネームで、左横に奥さまの名前のみを書くのがきれいです。

☆人数が多い場合

3人を超えるようなら代表者の名前を書き、かたわらに(他一同)と小さめに書きます。このとき、別の紙に全員の名前を書いて中袋の中に入れるとよいでしょう。中袋がない場合はご祝儀袋の中でも構いません。

◇中袋の書き方

中袋がある場合は、入れた金額を書きます。大字(だいじ)という旧漢字(壱、弐、参、伍、拾、萬圓)などで書くのが正式なマナーで、数字を改ざんされたり間違われたりしないようにこの形を使います。中袋に金額や住所を書く欄がある場合はその欄内に、欄がない場合は表の中央に金額を、裏の左下に住所と氏名を記入しましょう。ご祝儀をいただいた方が、あとで整理する際に必要な情報になります。

◇書体について

正式なものは楷書(崩さない書体)ですが、今は行書(少し崩した書体)ぐらいが美しく見えます。表書きが印刷されているものにも行書・草書があり、中には仮名書きのものもありますが、仮名書きはラフな感じがしてしまうので使う状況に気をつけましょう。きちんと見せたい場合は、楷書でしっかり書くようにします。このとき、画数が少ない字は小さめに、多い字は少し大きめに書くとバランスが取れますよ。

◇筆記用具について

ご祝儀袋・のし袋を書くときに、オススメの筆記用具は筆ペンで、できれば先が柔らかいものがよいです。先が硬いものは書きやすいのですが、筆ペンの良さが出にくいのです。普段使い慣れない筆ペンですが、10分ほど練習するとすぐに慣れると思います。個人的なランキングとして、下記の順番で文字が美しく見えると思います。

(1) 小筆(墨で書く)
(2) 筆ペン(先が柔らかい)
(3) 筆ペン(先が硬い)
(4) サインペンの太字(水性)

まずは怖がらずに筆ペンに慣れてみましょう。いきなり祝儀袋に書き出さずに、少しメモ用紙などで練習してから清書してみましょう。

次ページ:ご祝儀の相場と、ご祝儀袋・のし袋の選び方

お役立ち情報[PR]