お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 節約・貯金

それ普通なの? 「この人絶対、お嬢さま(おぼっちゃま)だな」と思った友人の言動5選

何気ない仕草や発言で、「あれ? 普通の人とちがう」と感じる人っていますよね。環境によって育まれた価値観のちがい……。そんな友だちや知り合いがまわりにいますか? というわけで今回は「この人絶対、お嬢さま(おぼっちゃま)だな」と思った友人の言動について女性のみなさんに聞いてみました!

■いいものをプレゼントされている

・「『小さいころから、毎年2回は海外旅行をしている』と言っていたこと」(26歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「マンションの家賃を親に払ってもらっている」(31歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「南青山に住んでいる。ハワイに別荘。トイレのタンクが貝殻になっている。高級車を買い与えられている(すべて同じ人です)」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

お小遣いをはじめ、海外旅行や高価なものを親にポンとプレゼントされているのはセレブの特徴。本人は特別なことだとは思っていないところが、こちらとしては余計に驚きます。

■食事のレベルが高い

・「ランチに5,000円をしょっちゅう」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「『カップラーメン食べたことない』って言ってた人」(29歳/金融・証券/営業職)

・「バナナの食べ方を知らなかったことです。輪切りにされたバナナしか見たことがなかったようです」(31歳/ソフトウェア/事務系専門職)

食事は幼いころからの影響が色濃く出てくるもののひとつ。ランチにしょっちゅう5,000円なんて、破産します……。

■庶民感覚がない

・「スーパーで売っているような生活必需品の値段を知らない人」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「マクドナルドに行ったことがない」(28歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「大学生のとき、女友だちみんなで買い物に出かけてひとりの女の子が電車の改札に入るとき、切符を通したら取らないといけないことを知らず、そのままホームへ行こうとした」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

庶民が知っているようなことを知らずに生きてこられたのは、やっぱりお嬢さまだったからなのでしょうね。

■何かと高級

・「『アイスクリームはハーゲンダッツしか食べたことがない』と言っていた」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「『ペットはニシキゴイ』と聞いたとき」(25歳/商社・卸/技術職)

・「『幼稚園は運転手つきの車で送り迎えだった』と聞いたとき」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

ニシキゴイに運転手つきの車……何もかもがハイグレードです。

■美しい立ち居振る舞い

・「箸の持ち方がきれい」(30歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「結婚式とかで、テーブルマナーが本当にきれいだったとき」(26歳/金融・証券/事務系専門職)

・「祖父母のことを『おじいさま・おばあさま』と言っていたとき」(30歳/小売店/秘書・アシスタント職)

美しい立ち居振る舞いや言葉遣いはセレブの証!? なかなか身につくものではありませんから、やはり幼いころからしっかりしつけられたのでしょうね。

■まとめ

いかがでしたか? 意外と身近なところにもお嬢様やおぼっちゃまがいるようです。うらやましい気持ちもありますが、幸せの感じ方は人それぞれ。これからの長い人生、身の丈に合った生活で、自分なりの幸せを見つけていきたいものですね!

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にWebアンケート。有効回答数238件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]