お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

“まだ結婚しなくてよかった!”と思う独女は59.4%! 「旦那の文句を延々と言う同僚を見たとき」

恋も仕事も人間関係も……それなりにいろいろな経験を積んできたけれど、おひとり様ってちょっと複雑!? 未婚のアラサー女子ならではの心境をセキララにつづります!

アラサー独女にとって、結婚は身近な問題。友人の中にも既婚者が増えてくるころかもしれません。その中で、まだまだ自由を謳歌できる独身が楽しいと思う人もいるはず。まだ結婚してなくてよかったかも、そう思った経験を聞いてみました。

Q.あなたは、「まだ結婚していなくてよかった!」と思うことはありますか?

「ある」59.4%
「ない」40.6%

約6割のアラサー独女が、結婚がまだでよかった! と回答。もちろん、結婚にはそれなりの幸せがあるけれど、今現在の独身時代にだってメリットがありますよね。独女の本音を見ていきましょう。

■自分の時間を自由に使える!

・「自分だけの時間を自由に満喫できる」(28歳/自動車関連/技術職)

・「好きなときに寝て、食べて、起きていいから。自由を感じるから」(33歳/その他/その他)

休みの日にだらだら過ごしていても、あるとき思い立って旅行に出かけても、誰にも文句は言われません。自分のためにだけ使える時間は、何よりの贅沢なのかもしれません。

■お金を自由に使える!

・「実家暮らしなので、美容や外食で贅沢してます」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分が稼いだお金を自分のためにすべて使える」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

仕事で稼いだお金を贅沢に使えるのも、独身ならではのうれしさ。美容や外食、自分磨きに使う人が多いようです。

■友だちと遊べる楽しさは、まだまだ捨てがたい

・「友だちと好きなときに海外旅行へ行けるから」(27歳/金融・証券/営業職)

・「月1回の女子会で贅沢できる」(26歳/情報・IT/技術職)

結婚した友だちが、集まりに参加しなくなったのを見ると、友だちと遊びに行ける自由さは捨てがたい、と思う人が多いようです。

■どうやら結婚は大変らしい……

・「既婚者が、子供の世話や家事に忙しいのを聞いたとき」(32歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「結婚した友だちの苦労話を聞いているとき」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「子育てや旦那の文句、お金の悩みを延々と言っている同僚を見たとき」(30歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「友だちが旦那さんの両親の悩みを相談してきたとき。えらいと思いながら大変そう……と思う」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

結婚した友だちからの話を聞くと、旦那さんや子供、お姑さんとの関係など、愚痴や文句が多くなることも。結婚は大変そう、と思うと、独身でよかったと改めて思うところが多いようです。

■でも、やっぱり結婚したい! 結婚願望の強いアラサー独女も

・「そろそろ周囲の友人が結婚してきており、自分も早くしたいから」(26歳/生保・損保/事務系専門職)

・「子どもを見るとかわいいと思え、わが子を早くにほしいので」(30歳/生保・損保/営業職)

結婚して子供がいる友だちがまわりに増えてくると、自分も結婚したいという気持ちが強くなってくるようです。

結婚している友だちからの話を聞いて、結婚に対してマイナスイメージを持っている独女も少なくありませんでした。これは、ただただあこがれだった結婚が現実のものとして考えられるようになってきた証拠。自由を謳歌できる独女の楽しさを捨ててでも結婚したい。そう思う瞬間も、もしかしたらこの後やってくるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年3月にWebアンケート。有効回答数212件(26歳~34歳。未婚の働く女性)

お役立ち情報[PR]