お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「付き合ったら金がかかりそう……!」男がドン引く意外な女子の服装とは?

高価そうに見えて、意外とプチプラなファッションアイテムは意外と多いもの。実情を知る女同士では「いい買い物をしたね」となる一方で、男性陣には、見た目の印象で「服に散財していそう……」とあらぬ疑惑をかけられる可能性もあるんだとか! そこで、男性はどんな服装の女子を敬遠してしまうのか、彼らの本音にせまりました!

■本革の素材でできた服

・「本革のコート」(28歳/ソフトウエア/技術職)

・「革ジャン、革パン」(33歳/通信/事務系専門職)

寒さだけでなく風をもしのぎ、その上見た目が大人っぽくてカッコイイ「革」素材の服。レザーコートを羽織ってさっそうと街中を歩く姿の女性は素敵ですが、男性陣からはいろんな意味で「高根の花」と見られる可能性が。本革アイテムは、小物などでアクセント程度に使うにとどめておいた方が無難かも?

■シルク素材のインナーにも注意

・「シルクっぽい素材の上下」(28歳/農林・水産/技術職)

・「薄い生地なのにやたら高いやつとか」(26歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

気をつけなければいけないのは何もアウターばかりではありません。室内でコートを脱いだときに、つややかなシルクのインナーが見えたら、男性に「お金がかかってそう」と引かれてしまうかも。

いかがでしたか? お気に入りだからって、今回挙がったアイテムをヘビロテしすぎると、男性に「お金がかかる女」と勘違いされてしまう可能性も……。せっかくのオシャレでドン引きされてしまわぬよう、アウターだけでなく、インナーにも注意しましょう!

※マイナビウーマン調べ。2013年10月にWebアンケート(有効回答数 男性268件)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]