お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

そのひと言にドキッ! 急に男性を意識してしまう瞬間「頭をポンポン」「女性扱い」

カップル会社の同僚や友人の男性に対して、今まで普通に接することができていたのに、あるときを境にいきなり意識してしまって……、なんて体験をしたことがある女性もいるのではないでしょうか? 今回、働く女性に急に男性を意識してしまった瞬間について聞いてみました。

【社内恋愛が起こりやすくなる原因は?「単純接触効果」】

■なにげない言葉や行動にときめいた

・「頭をポンポン」(26歳/農林・水産/技術職)
・「体が触れ合ったとき」(27歳/金融・証券/営業職)
・「視線がよく合う」(32歳/学校・教育関連/秘書・アシスタント職)
・「自分を気にかけてくれたとき」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

「どうしよう、好きになっちゃうかも……」と意識するきっかけの多くは、日常的なさりげない行動やなにげない言葉から意識するようになった女性が多いようです。

■ときめきの王道?

・「力仕事をやってくれる」(28歳/その他/販売職・サービス系)
・「腕まくりして、力仕事している姿」(32歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「男らしさをみたとき」(33歳/その他/クリエーティブ職)

男性の腕まくりは、女性からすると反則とも言えるかくし技です。いつもはシャツの下に隠れている、少し筋肉のついた、たくましい腕にときめいてしまう女性続出です。

■優しさが見えたとき

・「優しくされたら」(29歳/学校・教育関連/専門職)
・「自分を女性扱いしてくれた瞬間」(28歳/医療・福祉/専門職)
・「『危ないから送るよ』と言われたとき」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)・「『頑張っているね』と言われたとき」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

会社で頑張って働いている女性にとって、男性のちょっとした優しさが見え隠れしたときに、もしかして私に気があるかも? と、意識するようになることも。

■好意が見えると意識してしまう

・「デートに誘われる」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)
・「『二人で今度ご飯にいかない?』と言われたとき」(29歳/食品・飲料/技術職)
・「好きと言われたら意識してしまう」(24歳/小売店/販売職・サービス系)
・「頻繁にメールが来るようになったとき」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

明らかに男性からの好意を感じた時、嫌いな男性でなければやはり女性も相手を意識してしまうよう。ただ、誰にでも声をかけている軽い男性の場合は、それほど意識するといったことはないようです。

簡単なボディータッチや、自分は特別のような感じを受けると、意識してしまう女性が多いようです。ふとした笑顔を見ただけで、急に意識してしまうという女性の答えもありました。いつものなんでもない日常生活から、恋に落ちる人が多いのかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年3月にWebアンケート。有効回答数291件(22歳~33歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]