お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

同棲して気づくリアルな彼の姿とは? 「寝ながらお経」「のど自慢・アタック25が」

彼のことは何でもわかっているつもりでも、一緒に暮らして初めて気づくことがありますよね。「こんなことを毎日やっているの!?」と驚かされることもあるはず。今回は同棲経験のある女性に、彼の驚くべき生態について告白してもらいました。

■寝ながら修業!?

・「彼氏が寝ながらお経を唱える。ありえないくらいうるさいのですぅ」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

いびきや歯ぎしりではなく、お経がうるさいのはレアケースでは? 実家がお寺ではないとしたら、ひそかに修業をしていたりして……。

■子どものころからの習慣?

・「日曜日は必ずのど自慢とアタック25、笑点という渋い番組選択」(31歳/医療・福祉/専門職)

どの番組も子どものころから続く長寿番組。日曜日には家族そろって観ていたのかもしれませんね。

■外食ではわかりにくい食の好み

・「カレーに豚肉を入れる」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

カレーは家庭によって味も具材も違いますよね。彼の好みに合わせるか、自分の味を貫くか……。ケンカにならないように交互に作ってみては?

■彼の超プライベート情報

・「洋式トイレに座って、小用をする」(22歳/その他)

これは同棲していても気づきにくいと思うのですが。もしかして一緒にトイレに入ってる?

■几帳面すぎるのはちょっと……

・「洗濯物の間隔を均等に開けて、きっちり干す」(30歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

何ごともきっちりとした彼なのでしょうか。几帳面な性格はすてきだけれど、強要されたらちょっと息苦しそう。

■清潔すぎても問題に

・「毎朝シャワーを浴びる。寝坊をしても! 水とガス代がもったいない」(27歳/商社・卸/営業職)

きれい好きなのはうれしいけれど、家計に響くという本音がチラリ。「風呂も注意するまで入らない」(23歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)という彼と比べれば、多少のことはガマンするべき!?


ほかにも、「寝起きが悪い」「服を脱ぎっぱなし」といった、彼のだらしなさを嘆く声も寄せられました。一緒にいる時間が長くなるほど、相手の欠点が目に付くものですが、それさえも愛せるようになったら、次のステップへ進めそうですね。

※『マイナビウーマン』にて2014年2月にWebアンケート。有効回答数216件。

(OFFICE-SANGA 新井鏡子)

お役立ち情報[PR]