お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音雑学 オンナのボディ

おうちで過ごす時間「ブラジャーをつける派」ですか? ―いいえ 51.3%

女性にとってブラジャーは生活に欠かせないもの。可愛いもの、大人っぽいもの、機能的なものと、実に様々な商品がありますよね。必要なのはわかるけれど、ときには「ちょっと窮屈だな」に感じることも。

今回は、働く女性の皆さんに、おうちで過ごす時間のブラジャー着用について聞いてみました!

Q.あなたはお家にいるときにブラジャーをつけていますか?

つけている 48.7%
つけていない 51.3%

働く女性の回答は、ズバリ半々! それぞれの理由、メリット・デメリットをチェックしてみましょう!

■<つけている派> 気持ちの問題です

・「旦那さんがいるので、一応気をつけてちゃんとしています」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「つけていないと、将来的に垂れてきそうだし、突然の来客や宅配便などがあったときに困るから」(26歳/食品・飲料/専門職)

いつ誰に見られても大丈夫なように! と、家の中でも気を抜かない女性の意見です。確かに、訪問客が来るたびに着替える羽目になったら、くつろぐどころではないのかも。ただ、もしかしたら旦那さんは、ノーブラの方が喜ぶのでは?

■<つけている派> 支え?

・「胸が大きいので、ブラジャーを外していると重たくて困る」(23歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

・「つけないと垂れると知ったから。入浴前は通常のブラ、入浴後はナイトブラをする」(26歳/情報・IT/技術職)

ブラジャーの支えとしての機能が欠かせない!という女性の意見です。ブラジャーを外すと、胸が重たくて困る生活……未知の世界です(笑)。一生に一度は口にしてみたい台詞かも!?

■<つけていない派> 解放感を楽しむ

・「出掛けない日はつけたくない。ブラは簡易的な拘束具くらいに思っている」(26歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「開放感を楽しみたいので」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

一日窮屈な思いをして頑張った自分の胸を、ブラジャーから解放! その瞬間、思わず「ふ~」と安堵する女性も多いのかもしれません。最初は「スカスカする……」と不安を感じても、だんだんそれが解放感へと変化します。

■<つけていない派> 胸が○○だから……

・「下着はキャミソール。胸が小さいので夏場でも上からTシャツを着れば十分だし、なによりもリラックスできるので」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「小さいので必要ない。厚手のセーターなら、近所にノーブラでもいける」(33歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

胸が小さいから、つけなくても大丈夫! という意見も目立ちました。小さければ、確かに「支え」というメリットは少なくなります。「窮屈」というデメリットばかりが目立つのかもしれませんね。誰も見ていなければ、胸の大きさを「盛る」必要もない!?

■便利アイテムを活用!

・「ホックが痛いので、スポーツブラを付けている」(25歳/機械・精密機器/その他)
・「付けないほうがラクだから。家にいるときはブラトップを着ているので、ブラをつけません」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

リラックスするために、便利アイテムを活用する女性も多いようです。中でも多かったのがブラトップに関する意見です。様々なブランドから発売されているコレ。女性のリラックスタイムを助けてくれる、最強アイテムなのかもしれません。

つけている派、つけていない派、それぞれの意見はいかがでしたか? 自分とは違う習慣を持つ女性の意見に、思わずハッとした方もいるのではないでしょうか。あなたはおうちで、ブラジャーをつける派ですか? それともつけない派ですか?

※『マイナビウーマン』にて2013年11月にWebアンケート。有効回答数277件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]