お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム ダイエット

内ももに溜まった“ぷよぷよ”&“セルライト”を撃退する方法は?

社会人になってから外食が増えたり、生活のリズムが不規則になったり、ハッと気づけば、ボディのシルエットもなんとなーくゆるんできたような……!? 肌のハリ感低下や、体のゆがみなど、20代半ばからは“ダイエット”だけでは解決しないお悩みも気になりはじめるお年ごろでは? そんな働く女子に向けて、簡単&楽しく実践できる、美ボディキープ術をお伝えします!

二の腕と並んで“ぷよぷよ”が気になる箇所といったら、内もも。ケアしないとマズイかも……なんて思いながら、たるんだ内ももを洋服で隠して、見て見ないふりをしていませんか? 前回に引き続き、ビューティークリエイターの鈴木サリさんに話を聞きました。内もものぷよぷよをスッキリさせて、スリムな脚を手に入れましょう!

【二の腕のぷにぷに撃退法はこちら ⇒】

★老廃物の溜まりやすい第二のぷよぷよスポットが内もも

「前回お伝えしたとおり、ボディケアとは、筋肉と内からの感情を見ながら行うことで、体を目覚めさせる作業。リラックスした状態で、自分の体をしっかり触って、見て、体の声を聞くようにケアしてみてくださいね」。とサリさん。

それでは、内もものぷよぷよを撃退すべく、セルフケアのコツを紹介していきます!

「内ももはもともと、二の腕と同じように老廃物が滞りやすい場所です。というのも、上半身と下半身を繋ぐ股関節まわりは、老廃物が溜まりやすい場所だから。股関節に老廃物が溜まることで内ももが滞って、筋肉は弱まりやすくなるので、ぷよぷよになりやすいんです」。そうなんですね。確かに、たまに股関節あたりが痛いことがあります。

「その痛みは、滞っている証拠ですね。私たちの体は“ワキの下”と“股関節”が、いちばん老廃物を溜めやすい場所なので、覚えておいてくださいね」。2大ぷよぷよスポットということなんですね!

★自分の太ももをチェックしてみましょう! セルライトが表れていませんか?

「太ももを見てください。霜降りのような白い筋が入っていませんか? それは、セルライトで、筋肉が弱くぷよぷよしている印。最近では年齢に関係なく、20代の女性でもセルライトが表れている人が多いんですよ」。きゃーそうなんですね……。

「セルライトは、添加物などを含む食事が原因のひとつと考えられています。ファーストフードなど、インスタントなものばかり食べている人は、セルライトができやすいとも言われています。そのほか、冷えが原因になっていることもあり、太っている人だけでなくやせている人にもできるのが特徴です」。セルライトって、やせていてもできるのですね。知りませんでした。

★ 引き締まった内ももは見た目にもキレイ!

「まず、滞りはコリやむくみなどとなって表れますが、そこに溜まる老廃物とは余分な脂肪や水分です。どうして老廃物が溜まってしまうかと言えば、溜まりやすい場所に加えて、デスクワークなど座りっぱなしの生活も起因しています」。

「引き締まった内ももは、血色がよくセルライトもなくて、見た目にもキレイです。老廃物が溜まっていないスッキリとした脚といえます」。そんな脚になりたいです。

「では、具体的にぷよぷよを撃退できるオススメのマッサージを紹介しますね」。はい、お願いします!

お役立ち情報[PR]