お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 不調

「アメリカは白くて美しい歯がステイタス」歯をきれいにするには?

川上千香子さん

川上千香子さん

顔の美容には熱心なのに、歯のお手入れを置き去りにしていませんか? 実はそのせいで幸せを逃していることもあるのです。

歯のお手入れ事情から、手軽にできるケアなどを、アロマトリートメントと歯のホワイトニングのサロンをプロデュースしている川上千香子さんにうかがいました。川上さんは元CAで、海外の美容事情にも精通しています。

●アメリカでは白くて美しい歯はステイタスの象徴

――川上さんはCAとして世界中を飛び回る中、海外の人の歯に対する美意識について、とても興味をもたれたとか。

「特にアメリカでは、歯に対する美意識がとても高いんです。アメリカのテレビや映画に出ているスターたちが歯を直していることは一目瞭然(りょうぜん)かと思いますが、ごく普通の家庭でも小さいうちから子どもの歯の矯正をし、ホワイトニングも行ないます。ですから、街を歩いていると、矯正している子どもによく出会いますね」

――そこまで歯にこだわる理由はあるのでしょうか?

「アメリカでは白くて美しい歯というのは、ステイタスの象徴であり、歯が汚いことは肥満と同様に、就職やビジネスに不利に働くんです。彼らは歯をよく見ていますよ」

――一方、日本人はあまり歯を意識していないですよね。

「日本人は、肌の美しさにはこだわるのですが、同じ顔の一部である歯に関しては無頓着ですね。若い女性でも、アイメイクやリップの色にはこだわるのに、歯が汚いままということをよく見かけます。

日本人は嗜好(しこう)品による歯の汚れ、加齢によるきばみに関しては、仕方がないと気にしない傾向が強いようです。

歯にはこだわるのに、肌へのこだわりは強くないアメリカ人。肌の美白に命かけるのに歯は黄色くても気にしない日本人……。とても面白いですね。どうせならば両方、きれいなほうがいいのに」

――外国人が側にいるとつい観察してしまいますが、彼女たちも私たちの歯を見て「うわ、キタな~い」なんて思っているのかも。それにしても、日本人は歯のふぞろいもあまり気にしていないですよね。八重歯がかわいいとウケるのは、日本だけだと聞いたことがあります。

「少なくともアメリカでは、八重歯がかわいいというのは聞かないですね。なんといっても、子どものうちに歯は矯正してしまいますから」

――国際化社会と言われて久しく、恋愛でもビジネスでもますます海外の人と交流が進んでいます。エチケットとして、私たちも歯のお手入れについて考えた方がいいかもしれないという気がしてきました。

「無理してなんでも相手に合わせればいいというものでもありませんが、お互いに気持ちよくコミュニケーションをするためには、ちょっと考えてみてもいいかもしれません。

私のサロンにも、外国人の彼氏から歯をきれいにしてほしいと言われ、ホワイトニングに通われている方もいらっしゃいます。もし外国人にモテたいと考えるならば、歯の美容に気を使うことは必須です」

●実は日本人も無意識に歯のことを気にしている

――歯が汚いと口臭も心配になりますよね。

「そうなんです。人間だからある程度の口臭は仕方ないですが、日ごろからきちんとお手入れをしていれば、口臭の予防につながり、人前で堂々と話ができるようになります。

よく日本人が口元を手でふさぐようなしぐさをしますよね。あれって、国際的に見たらとても珍しいしぐさ。日本人特有の奥ゆかしさの表現でもある一方、歯の汚さや口臭を気にされて、無意識のうちに口を隠すようなしぐさをしてしまう方も多いかと思うんです。

日本人も本当は心のどこかで歯を気にしているのかもしれないですね。歯を気にして笑顔にもなれず、いつも小さくなっているくらいならば、歯を直して堂々としちゃったほうが何倍もいいのではないでしょうか」

――歯のお手入れとは、どのようなことがあるでしょうか?

「まず歯垢(しこう)に関しては、定期的に歯医者さんに通うようにします。私も定期的に歯医者さんを訪れ、常に歯の健康を見てもらっています。それだけでも、気持ちがさっぱりとします」

――普段できるメンテナンスについても教えてください。

「毎食後、フロスで歯の間をキレイにしてからブラッシング。私はホワイトニング効果のある歯磨き粉を使用しています。歯医者さんに行けば、歯の検診や歯垢(しこう)の除去だけではなく、正しい歯磨きの方法も教えてくれますから、参考にするといいでしょう。

できれば1日1回でいいので、たっぷりと時間をかけて丁寧に歯磨きをするといいですね。舌もブラッシングすると、口臭予防にいいですよ」

――ホワイトニングもしてみたいのですが、痛いと聞いたことがあります。

「それは過酸化水素という、歯にとてもしみる強い成分を使っているためだと思われます。過酸化水素はエナメル質を弱めてしまう可能性があると言われ、歯と歯茎へのダメージも心配されます」

――さらに歯医者さんに通うとなると、なんとなく気が重くなるんです。

「美容サロンならば、ゆったりとリラックスして施術を受けられるのではないでしょうか。ここ数年、美容サロンでできるホワイトニングのマシンが普及してきているんですよ。

最新のホワイトニングマシンでは二酸化チタンを使用し、しみないのが特徴。コーティング作用があるので、施術後もコーヒーやワインなどを飲むことが可能です。

また、従来のホワイトニングでは施術ができなかった、虫歯や差し歯、インプラント、知覚過敏の方でも行うことができます」

――美容サロンでも、白い歯を手に入れることは可能なのでしょうか?

「従来のホワイトニングでは歯が白くなりすぎて、不自然な印象を与えていましたが、無理のない自然な色を保つことができます。

みなさんも、歯が白すぎる有名人を見ることがあるのではないでしょうか。しかし、普段の生活であんなに白いと、かえって目立ってしまうことも。その点、二酸化チタンを使う方法でしたら、年代に応じた理想的な色の歯が手に入りますよ」

毎日のケアとスペシャルケア、この2つをきちんと行うことで「歯美人」になれそうですね。目と同様に案外、口元も相手は見ているもの。あなたの歯は大丈夫?

川上千香子
JAA日本アロマコーディネーター協会認定アロマコーディネーター、アロマセラピスト(ボディ・フェイシャル・リフレクソロジー)、アンチエイジングアドバイザー。東京都出身。JAL国際線CA時代には日本中、世界中のエステやアロマトリートメントを体感。世界各国の長所をブレンドしたオリジナルのトリートメントを、品川の完全個室のアロマトリートメントサロン・歯のホワトニングサロン「Fairy」をプロデュースしている。http://www.salon-fairy.com/

Fairyのトリートメント室

Fairyのトリートメント室

(OFFICE-SANGA 平野智美)

お役立ち情報[PR]