お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

やだ、お姫さまみたい……! 感動したデート4つ

ファナティック

男性から食事やデートに誘われることがあっても、なかなか心に残るデートになることは少ないかもしれませんね。たまには忘れられないようなデートを演出してほしいとも思うものです。そこで今回は女性のみなさんに、感動したデートについて、お話を聞いてみました。

■サプライズがあった

・「サプライズでディナーを予約してサプライズプレゼントをもらったデート」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「サプライズで気になっていたお店に連れて行ってくれたこと」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「サプライズで花束をくれる」(32歳/不動産/事務系専門職)

デートの中にさりげなくサプライズが仕込まれているとうれしいですよね。あからさまなものよりも、さりげない気づかいといったところにやさしさを感じるのではないでしょうか。

■エスコートしてくれた

・「車に乗るときに、ドアを開けてくれたりしたのはうれしい」(29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「エスコートが上手なデート」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「車からおりて迎えてくれた」(33歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

女性をエスコートすることは、レディーファーストとしては当たり前の行為なのですが、あまり日本人は慣れていませんよね。そのためデートの最中でうまくエスコートしてもらえると、それだけでも楽しいデートの思い出となります。

■夜景のきれいな場所に連れて行ってくれた

・「夜景の見えるレストランでバースデーを祝ってもらった」(32歳/金融・証券/専門職)

・「夜景のきれいなホテルで食事したこと」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「きれいな夜景の見える公園に連れて行ってもらったこと」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

夜のデートとなると、やはり夜景のきれいなところは外せません。たとえ100万ドルの夜景でなくても、きれいな夜景は感動するものですよね。食事中に見えるとしたら、最高のディナーになりますよね。

■高級レストランに行った

・「がんばって高級レストランに連れて行ってくれた」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

・「かなり高級なレストランへ連れて行ったもらったとき。普段は行けないような場所へ連れて行ってもらえるとうれしい」(25歳/食品・飲料/専門職)

・「豪華絢爛な食事に行った。しかも全額負担」(31歳/電機/技術職)

デートの食事も、普段とちがう高級レストランとなると、味はもちろん、その雰囲気も最高ですよね。もちろんマナーも大切ですから、いざというときのためにしっかりと覚えておかなければなりませんね。

■まとめ

いつもと同じデートだと、回数を重ねるごとにその感動も少なくなっていってしまいます。ですが、たまにサプライズがあったり、普段は行かないようなところに連れて行ってもらえると、その感動もひとしおではないでしょうか。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年5月にWebアンケート。有効回答数100件。22歳~34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]