お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

風水的に良い枕の向きとは? 東・西・南・北枕の風水効果

mapy

風水において、枕の向きは東・西・南・北それぞれに別々の効果があるとされています。果たして、風水的に最も良い枕の向きはどの方角なのでしょうか? この記事では、枕の向きと風水の関係性、それぞれ得られる風水効果を解説します。

風水とは、幸運を呼び込むための環境作りのことです。風水において方角は大きな意味を持ち、枕の向きによって運気が左右されるといわれています。

では、風水的に良い枕の向きとは東・西・南・北のうちどれなのでしょうか? 引越しや模様替えを機に枕の向きを見直して、欲しい運気を手に入れましょう。

今回は、枕の向き別の風水効果を分かりやすく解説。それぞれの方角別に開運のポイントもご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

Check!
風水とは? 風水で開運を! 運気アップのポイントも紹介 #李家幽竹の風水ハック

枕の向きと風水の関係性

人は寝ている間に「水」の気になります。その日にためた悪い運を水で流し、新たな運気を吸収しているのです。

風水において方角には大きな意味があり、枕の向きによって吸収する運気が変わるといわれています。

そのため、欲しい運気に伴った枕の向きを意識するのがおすすめです。同じ部屋で寝ていても、枕の向きによって取り込む運気が変わっていくでしょう。

特におすすめなのは「北枕」

枕の向き 風水

日本には昔から亡くなった人を北枕にして安置する習慣があり、「北枕=死」のイメージから、北枕は縁起が悪いといわれてきました。

しかし風水において、最も良いとされる枕の向きは「北」です。気は北から南へ流れていくので、北枕にすると頭から足先に向けて理想的に気を吸収することができるのです。

この状態を「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」と呼びます。これは文字通り頭を冷やして足を温めることを指し、この状態にすることで安眠を促すため、健康運アップに良いといわれています。

枕の向きを迷った時は、北枕を選ぶと良いでしょう。

次のページからは、東・西・南・北の方角別に、枕の向きが持つ風水的な意味を解説していきます。

次ページ:枕の向き別の風水効果とは?

SHARE