お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

絞り芙蓉(しぼりふよう)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

絞り芙蓉(しぼりふよう)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、絞り芙蓉(しぼりふよう)という体位を紹介します。

絞り芙蓉(しぼりふよう)とは?

絞り芙蓉とは、いわゆる背面座位です。女性が動きやすく、男性をリードできる体位といえます。

「芙蓉」はアオイ科の落葉低木で、夏~秋にかけてピンクや白の大きな花を咲かせます。そのしとやかで柔らかな姿から、美しい女性の例えとしても使われてきました。

「絞り芙蓉」の名は、「男性から精気を搾り取る美しい女性」という意味合いでつけられたのかもしれません。

上品そうでいて肉食だなんて、ギャップにドキッとさせられるネーミングですよね。

女性は本能のまま積極的に動いて、相手を攻めてみましょう!

どんな時におすすめ?
女性が思いきり動いてリードしたい時

難易度
★★★☆☆

ちなみに、四十八手における背面座位は、絞り芙蓉の他に以下があります。

・鳴門(なると)

・本駒駆け(ほんこまがけ)

・乱れ牡丹(みだれぼたん)

・手懸け(てがけ)

・炬燵がかり(こたつがかり)

 

 

次ページ:絞り芙蓉のやり方

SHARE