お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

絞り芙蓉(しぼりふよう)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

絞り芙蓉(しぼりふよう)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、絞り芙蓉(しぼりふよう)という体位を紹介します。

Check!
【四十八手一覧】セックスの体位をイラストつきで解説!

絞り芙蓉(しぼりふよう)とは?

絞り芙蓉とは、いわゆる背面座位です。女性が動きやすく、男性をリードできる体位といえます。

「芙蓉」はアオイ科の落葉低木で、夏~秋にかけてピンクや白の大きな花を咲かせます。そのしとやかで柔らかな姿から、美しい女性の例えとしても使われてきました。

「絞り芙蓉」の名は、「男性から精気を搾り取る美しい女性」という意味合いでつけられたのかもしれません。

上品そうでいて肉食だなんて、ギャップにドキッとさせられるネーミングですよね。

女性は本能のまま積極的に動いて、相手を攻めてみましょう!

どんな時におすすめ?
女性が思いきり動いてリードしたい時

難易度
★★★☆☆

ちなみに、四十八手における背面座位は、絞り芙蓉の他に以下があります。

絞り芙蓉のやり方

それでは、絞り芙蓉のやり方を解説します。ポイントは、女性主導の動きです。

絞り芙蓉の手順

絞り芙蓉の手順は以下の通りです。

STEP1:女性が男性の上へ座るように挿入

まず、男性が足を閉じて座ります。そこへ女性が背を向けた状態でまたがり、腰を下ろして挿入します。

この時、女性が後ろ向きなので、男性は入れにくいかもしれません。女性が手でサポートして挿入するとスムーズでしょう。

STEP2:体勢を調整してピストン開始

腰を動かしやすいよう、女性は挿入後に足の位置や体の角度を調節しましょう。

ピストン開始後は、自分が動きやすく気持ち良い角度を探すのはもちろんですが、男性を攻めるためにさまざまなバリエーションで動いてみるのもおすすめです。

絞り芙蓉をする時のポイント

絞り芙蓉をする時は、以下のポイントについて意識してみてください。

(1)女性が積極的に動く

絞り芙蓉は、体勢的に男性が動きにくい体位です。そのため、女性が積極的に動かないと成立しません。羞恥心を捨てて、自分のしたいように動いた方が盛り上がるでしょう。

例えば、しゃがむように膝を立てて上下運動をしたり、膝を床へついて前後にスライドするよう腰を動かしたり。

慣れてきたら、腰を左右に回して不規則な動きを取り入れたり、ゆっくり上下して相手を焦らしたりしてみてください。そうすれば、予想不能な動きで男性を翻弄できるでしょう。

(2)男性が女性を愛撫する

男性は座っているだけなので、両手が空いています。

そこで、ぜひ後ろから女性を愛撫してみてください。相手の快感が高まり、もっと積極的になってくれるかも?

▶次のページでは、絞り芙蓉の注意点を解説します。

次のページを読む

SHARE