お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

こたつがかりとは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

こたつがかりとは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、こたつがかりという体位を紹介します。

こたつがかりとは?

「こたつがかり」とは、こたつに入って行う背面座位のこと。

男性が女性をバックハグする体勢なので密着度が高く、女性は包まれているような安心感を味わえます。

また、好きな人とこたつでこっそりいちゃいちゃするのは、背徳感があってドキドキするはず。

四十八手が生まれたといわれる江戸時代のカップルも、こたつの中で行う秘め事にある種の興奮を覚えていたのかもしれません……!

そんなこたつがかりは、リビングで思いがけず雰囲気が盛り上がった時にぴったり。もちろん、こたつがない場合は普通のローテーブルでもOKです。

どんな時におすすめ?
リビングで不意に空気が盛り上がった時

難易度
★★★☆☆

ちなみに、四十八手にはこたつを使った体位がもう1つあります。その名も、「こたつ隠れ」。

こちらは男女が向き合った状態で挿入する体位です。

参考記事はこちら▼

こたつ隠れについて、詳しくはこちらの記事で解説しています。

次ページ:こたつがかりのやり方

SHARE