お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

本駒掛け(ほんこまかけ)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

本駒掛け(ほんこまかけ)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、本駒掛け(ほんこまかけ)という体位を紹介します。

本駒掛け(ほんこまかけ)とは?

「本駒掛け」とは、男性が下からピストンする背面座位のことです。

四十八手には背面座位の体勢もいくつかありますが、本駒掛けの特徴は、男性が動く点。女性にとっては、相手のパワフルなピストンを思いきり感じられる体位といえます。

男性は体力を使うので、コンディションが良い時にトライしましょう。

ちなみに、「駒」にはいくつか意味がありますが、そのうちの1つに「若く元気な馬」があります。

力強く動く男性を元気な馬に見立て、四十八手としての本駒掛けの名がついたのかもしれません。

どんな時におすすめ?
男性が女性を力強く攻めたい時

難易度
★★★☆☆

ちなみに、四十八手における本駒掛け以外の背面座位には、以下があります。

鳴門(なると)

絞り芙蓉(しぼりふよう)

・乱れ牡丹(みだれぼたん)

手懸け(てがけ)

・炬燵がかり(こたつがかり)

次ページ:本駒掛けのやり方

SHARE