お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【四十八手一覧】セックスの体位をイラストつきで解説!

関由佳

セックスにおける四十八手は、江戸時代に名づけられたといわれています。それらは具体的にどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、イラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。とはいえ、実際にどのような体位があるのか知らない人も多いでしょう。そこで今回は、四十八手を一気に紹介!

いにしえの日本人たちが営んできた体位からは、当時の生活や性に対する価値観も垣間見えてきて興味深いですよ。

目次

四十八手とは?

四十八手とはセックスの体位を定義したもので、まるで相撲の決まり手のような名称がついています。「江戸四十八手」「大江戸四十八手」と呼ばれることも。

由来には諸説ありますが、浮世絵師である菱川師宣(ひしかわもろのぶ)が描いた春画『恋のむつごと四十八手』がベースになっていると考えられています。

四十八手の体位は、現在もよく行われるスタンダードなものから「どうやってやるの⁉」といったアクロバティックなものまで多種多様。また、挿入を伴わない前戯の体勢も含まれます。

【四十八手一覧】セックスの体位をイラストつきで紹介!

ここからは、四十八手の体位を紹介していきます。思わずクスっと笑ってしまうユニークなネーミングセンスにも注目です!

(1)立ち鼎(たちかなえ)

立ち鼎では、男性が両脚で、女性が片脚を上げて立ち、向き合った状態で挿入します。ベッド以外での突発的なセックスにぴったりの情熱的な体位。

女性は片脚立ちなので、バランスを保つことが重要です。

(2)千鳥の曲(ちどりのきょく)

千鳥の曲では、仰向けになった男性に対して女性がフェラチオ(男性器を舐めること)をします。^

四十八手には他にもフェラチオの体位がありますが。千鳥の曲は女性が男性の横でかがむのが特徴。

男性を快感で翻弄したい時におすすめの体位です!

(3)立ち松葉(たちまつば)

立ち松葉とは、V字になった松の葉を縦に交差させたように、立ったまま2人の脚をクロスさせる体位。後述する松葉崩しの立ち上がったバージョンともいえます。

四十八手の中でも難易度はかなり高めですが、スポーツ感覚で爽やかにセックスを楽しみたいカップルは、チャレンジしてみてください。

(4)深山(みやま)

深山とは、いわゆる屈曲位のこと。深山本手と呼ばれることもあります。

正常位の状態から男性が相手の脚を持ち上げて肩に乗せるだけなので、比較的トライしやすい体位といえるでしょう。

深く挿入しやすいので、奥への刺激が好きな女性におすすめです。

(5)立ち花菱(たちはなびし)

立ち花菱は、前戯に適した挿入を伴わないプレイ。いわゆるクンニリングス(女性器を舐めること)です。

彼からの愛撫をたっぷり楽しみたい女性は、パートナーにおねだりしてみてください!

(6)鵯越えの逆落とし(ひよどりごえのさかおとし)

鵯越えの逆落としは、女性が腕立て伏せのような体勢になり、その脚を男性が持ち上げてクンニリングスする体位のこと。

このような「まさかこんな体勢で⁉」と思わせる体位も、四十八手ならでは。

体勢を維持するのは少しつらいですが、いつもと違う快感を味わいたい時に試してもらいたい体位です。

(7)碁盤攻め(ごばんぜめ)

碁盤攻めは、女性が碁盤のような台に手をついて、男性が後ろから挿入する体位を指します。いわゆる立ちバックです。

もちろん、女性が手をつくのはローテーブルやベッドの端などでもOKです。

ベッドルーム以外でもやりやすい体位なので、ぜひ碁盤攻めで勢いに任せた「なだれ込みセックス」を楽しみましょう!

(8)首引き恋慕(くびひきれんぼ)

首引き恋慕とは、輪にしたひもを男女の首に掛けて行う対面座位のこと。首にひもを掛けるとは、なかなかアブノーマルなプレイですよね。

ひもで制限されてうまく動けないもどかしさを快感に変え、興奮を高めましょう! もちろん、安全には注意してくださいね。

(9)絞り芙蓉(しぼりふよう)

絞り芙蓉とは、いわゆる背面座位です。男性が脚を閉じ、その外側へ女性の足を置くため、女性が動きやすい体位といえます。

女性はパートナーから精気を搾り取るように、本能のまま動いてみましょう!

(10)鳴門(なると)

鳴門とは、背面座位の状態で女性が腰をひねるように動かす体位。

四十八手には背面座位の体勢がいくつかありますが、そのなかでも鳴門は難易度が高め。しかし、慣れると通常のピストンとは違う複雑な快感を味わえますよ。

(11)千鳥(ちどり)

千鳥とは、正常位の状態で女性が女の子座りのように脚を曲げる体位。ほぼ正常位なのでなじみやすい体位ですが、女性には関節の柔軟性が求められます。

普段の正常位に飽きてきたら、パートナーに「こんな方法はどう?」と提案してみてください。そうすれば、いつもとは少し違う快感を楽しめるかもしれません。

(12)椋鳥(むくどり)

椋鳥は、シックスナインの一種です。

一般的なシックスナインでは男性が下・女性が上になりますが、椋鳥は逆。男性が上・女性が下になります。

男性器の角度によっては女性が苦しくなる可能性もあるため要注意。しかし、それをクリアできればいつもと違う刺激的なプレイを楽しめるでしょう。

(13)鵯越え(ひよどりごえ)

鵯越えは、スタンダードな後背位(バック)のこと。

四十八手には変わった体位が多いという印象を持つ人も少なくないかもしれませんが、実は現代でもよく行われるメジャーな体位も含まれているのです。

バックの体勢は、どこか野性味を感じて刺激的。お互いに本能のまま交わって、快感を堪能しましょう!

(14)抱き上げ(だきあげ)

抱き上げとはその名の通り、男性が後ろから女性の腰を抱き上げて行う後背位です。

女性は腕立て伏せのような状態をキープし、男性は腕で相手を支え続けなければならないので、かなり過酷。

セックスというよりも筋トレに近い体位ですが、うまくいけば深い挿入感を味わえる体位でもあります。コンディションが良い時に、満を持してトライしましょう!

(15)雁が首(かりがくび)

雁が首とは、フェラチオを意味します。シンプルでありつつも、女性が男性を思いっきり攻められるプレイです。

女性はぜひ攻め方を覚えて、彼を翻弄してみましょう!

(16)手懸け(てがけ)

手懸けとは、椅子に腰掛けた男性の上へ女性が乗る体位。背面座位の一種です。

体勢的に男性は動きにくいので、女性がメインで動くことになります。

慣れるまでは少々難しいですが、ベッド以外に椅子やソファーを使えるので、リビングなどでもプレイできるのが魅力です。

女性は男性からずっとバックハグされている状態なので、相手の温もりを背中いっぱいに感じながら動いてみましょう!

(17)しがらみ

しがらみとは、男女共に脚を伸ばした状態の正常位です。伸長位(しんちょうい)と呼ばれることもあります。

挿入は浅めですが、至近距離で見つめ合える上に密着度がとても高いので、相手の存在を目いっぱい感じたい人には大満足の体位といえるでしょう。

(18)百閉(ひゃくへい)

百閉とは、女性が少し前のめりになった騎乗位のことです。

この体位で大事なのは、女性の動き。基本は上下・前後への動きですが、上級者さんはグラインドしたり腰をくねらせたりしてみましょう。

そうすれば、男性に複雑な刺激を与えられるはずです。男性にまたがったら、羞恥心を捨てて思いきり動いてみてくださいね!

(19)本駒掛け(ほんこまがけ)

本駒掛けは、男性が下からピストンする背面座位。

四十八手には背面座位がいくつか存在しますが、その中でも男性が特に力強く動くのは本駒掛けでしょう。

そのため、男性にはある程度のスタミナが求められます。体力が十分ある時にトライしてみてください!

(20)帆かけ茶臼(ほかけちゃうす)

帆かけ茶臼とは、男性の上に女性が乗り、片脚を相手の肩へ掛ける体位を指します。

女性が脚を上げて結合部を見せつけているような姿は、まるで妖艶なストリッパー。

ベビードールなど、ちょっぴりセクシーなランジェリーを身にまといながらトライするとさらに盛り上がるでしょう。

ただ、脚を高く上げるので女性には柔軟性が求められます。また、バランスの取り方にも少しコツが必要です。

無理のない範囲でチャレンジして、少しずつコツをつかんでいってくださいね。

(21)茶臼のばし(ちゃうすのばし)

茶臼のばしとは、女性が男性の上に乗って脚を伸ばした体位のこと。騎乗位の一種です。

挿入は浅めですが、相手と密着できるので大きな幸福感を得られるでしょう。また、女性は脚を伸ばしているので男性器を締めつけやすく、結合部でも密着感を味わえます!

騎乗位のバリエーションとして、ぜひ取り入れてみてくださいね。

(22)理非知らず(りひしらず)

理非知らずとは、女性の手足を縛る、いわゆる緊縛プレイの要素を盛り込んだ正常位。ちょっぴり過激な体位といえます。

SMチックなセックスに興味がある人は、トライしてみてくださいね!

ただ、アブノーマルなプレイは好みが分かれます。これはセックス全般にいえることですが、理非知らずでは特に、きちんと相手の同意を得ることが大切です。

(23)時雨茶臼(しぐれちゃうす)

時雨茶臼は騎乗位の一種で、女性が上体を後ろへ傾けて行います。

男性にとっては結合部が見えやすく、視覚的にエロティックな体位。彼を挑発したい女性は、ぜひトライしてみてください……!

(24)てこがかり

てこがかりとは、男性が仰向けの女性へお尻を向けるように覆いかぶさる体位です。男性器を下に向けて挿入しなければならないので、四十八手の中でもかなり難易度が高め。

とはいえ、条件が満たされれば不可能ではありません。また、難しい体位に成功すれば、2人で大きな達成感を味わえるでしょう。

あらゆる体位を経験してきた上級者カップルは、ぜひチャレンジしてみてください!

(25)こたつがかり

こたつがかりとは、男女2人でこたつに入って行う背面座位のこと。

男性が女性をバックハグした状態で挿入するので密着度が高く、女性はパートナーに包み込まれるような感覚を味わえます。

家にこたつがないなら、ローテーブルを使ってもOK。リビングで始まった思いがけないセックスに、ぜひ取り入れてみましょう。

(26)獅子舞(ししまい)

獅子舞とは、対面座位の状態で女性が脚を高く上げ、男性の肩へ掛ける体位のこと。

女性は両脚を高く上げながら相手のピストンを受け止めることになるので、柔軟性と体力が求められます。

また、男性も動きにくい体勢でピストンしなければならず、やはり体力が必要。

そんなやや上級者向けのプレイですが、深い挿入感を楽しめる体位でもあります。奥の快感を堪能したい時は、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

(27)寄り添い(よりそい)

寄り添いとは、その名の通り男女が寄り添う体勢のこと。

四十八手と聞くと挿入ありきの体位をイメージする人は多いかもしれませんが、挿入しないものもあるのです。

寄り添い中は触れ合いながら愛の言葉をささやき合うのはもちろん、日頃できない深い会話をしたり、ただ相手の温もりを感じてリラックスしたりするのも良いでしょう。

この愛情深い体位を、2人のコミュニケーションに役立ててくださいね。

(28)撞木ぞり(しゅもくぞり)

撞木ぞりとは、女性が男性の上で仰向けになり、脚をM字に開く体位のこと。背面騎乗位の一種です。

このポーズを取るのはそこまで難しくないのですが、挿入してピストンするとなると話は別。動きにくく、慣れるまでは苦戦するかもしれません。

とはいえ、女性にとっては男性へ身も心も委ねてリラックスできる心地良い体位でもあります。彼の温もりを感じたい女性は、ぜひ撞木ぞりにトライしてみてください。

(29)つり橋(つりばし)

つり橋は正常位の一種で、男性が女性の腰を持ち上げて行います。

ゆらゆら揺れるつり橋のように体勢が安定しづらく、難易度は少々高め。ただ、うまくいけば深くまで挿入できるので、パートナーとの一体感を味わえます。

渡る時は怖いつり橋ですが、勇気を出して乗り越えたその向こう側には、すばらしい景色が待っているのです……!

(30)うしろやぐら

うしろやぐらはいわゆる立ちバックで、2人とも立ったまま女性の後ろから男性が挿入します。

立ちバックのメリットは、どこでもすぐプレイに入れること。しかも2人とも立っているため、省スペースでのセックスが可能です。

そのため、キッチンやトイレ、脱衣所、バスルームなど、狭い場所でも楽しめる体位といえるでしょう。

ベッドルーム以外の場所で急に始まるセックスは、なんだかとても刺激的。場所を選ばず勢いに任せてスタートするのが、うしろやぐらを堪能するコツです!

(31)御所車(ごしょぐるま)

御所車は、騎乗位の状態で男性に乗った女性が回転する、ちょっぴり変わった体位です。

……こう聞いて、「騎乗位で回るってどういうこと⁉」と驚く人は少なくないでしょう。

そのような人のためにもう少し詳しく説明すると、ここでいう回転とは男性器を軸にして女性が360度回転するということ。

ちょっとした遊び心とチャレンジ精神でプレイしてみると、ゲームのように盛り上がるかもしれません!

(32)二つ巴(ふたつどもえ)

 

二つ巴は、男性が下・女性が上になるスタンダードなシックスナインです。

エロティックなポーズとオーラルセックスによる刺激を楽しめる二つ巴は、前戯に取り入れればきっと盛り上がるはず。

「恥ずかしい」と感じる人もいるかもしれませんが、ぜひ勇気を出してチャレンジしてみてくださいね。

(33)窓の月(まどのつき)

窓の月では、男性が横になった女性へ後ろから寄り添うように挿入します。2人で寝そべって窓から月を眺めるような、風情を感じる体勢ですね。

挿入するのは少し難しいものの、慣れればまったり快感を味わえる大人向けの体位。また、男女共に寝姿勢を取れるので、リラックスしながら楽しめるのも魅力です。

激しいセックスに少し疲れたら、窓の月を試してみると良いかもしれません。

(34)岩清水(いわしみず)

石清水とはいわゆる顔面騎乗位で、女性が男性の顔にまたがってクンニリングスしてもらう体位です。

女性がリードするプレイなので、M気質の男性はよろこんでくれるかもしれません。

女性にとっても、自分の気持ち良いところを舐めてもらえるうれしい体位。彼にたっぷり愛撫してもらいたい時に、おねだりしてみてはどうでしょうか?

(35)流鏑馬(やぶさめ)

流鏑馬とは騎乗位の一種で、男性の首へひもを掛け、それを女性が手綱のように引く体位。女性からSっ気を感じる、ややアブノーマルなプレイです。

「今日は彼をリードして攻めてみたい!」という女性は、ぜひチャレンジしてみてください。彼という馬を上手に操って、快感をたっぷり堪能しましょう!

もちろん、相手の同意を得ることは忘れずに。

(36)こたつ隠れ(こたつがくれ)

こたつ隠れとは、文字通りこたつの中で隠れて行う対面座位のこと。家にこたつがない場合は、ローテーブルを使ってもOKです。

「隣の部屋に家族がいるのに……」といったシチュエーションを想像しながら実践すると、背徳感からいつもより雰囲気が盛り上がるかもしれません。

(37)宝船(たからぶね)

宝船とは、女性が男性の脚を持ち上げて行う騎乗位のこと。

やや難しい体勢ですが、2人の脚がクロスしているので結合部の密着度が高く、深い挿入感を味わえるでしょう。

また、女性が動きやすい体位なので、積極的に動けば気持ち良い場所を探求できるというメリットもあります。

(38)締め小股(しめこまた)

締め小股は、女性が脚を閉じて行う正常位で、「伸長位」と呼ばれることもあります。

女性が脚を閉じてギュッと締めれば男性器を挟み込めるので、男性は強い快感を味わえるはず。

また、女性にとっても中でパートナーの存在を感じやすい、満足度の高い体位といえるでしょう。

(39)押し車(おしぐるま)

押し車とは、男性が手で女性の脚を持ち上げたまま挿入し、前へ歩く体位のこと。

四十八手の中でも、かなり難易度の高い体位です。特に女性はほぼ逆立ちになるので、体力的な負担が大きいでしょう。

ムードを楽しめるようなプレイではないので、遊び感覚で試すくらいがちょうど良いかもしれません。とはいえ男女共に筋力と体力が試されるので、覚悟して臨みましょう……!

(40)鶯の谷渡り(うぐいすのたにわたり)

鶯の谷渡りとは、男性が仰向けになった女性を愛撫すること。

他の四十八手と異なり、やり方は特に決まっていません。男性の思うままに、女性への愛をアピールしてくださいね。

女性はその後の情熱的な展開に期待しつつ、彼からの愛撫を堪能しましょう!

(41)浮き橋(うきはし)

浮き橋とは、女性が横向きになり、下半身を男性の膝へ乗せた状態で挿入する体位。

女性は腕で体を支える必要があるので少し大変ですが、普段のセックスではあまり体験できない横向きでの挿入を楽しめます。そのため、男女共にいつもと違う感覚を味わえるでしょう。

男性の体勢は正常位とほぼ同じなので、正常位からの移行も比較的スムーズ。体力が許せば、ぜひトライしてみてくださいね !

(42)抱き地蔵(だきじぞう)

抱き地蔵は、男女が椅子に座って行う対面座位のこと。

2人の体が密着して顔も近くなることから、キスやハグといったスキンシップをたっぷり楽しめる体位といえます。

つまり抱き地蔵は、ラブラブなセックスにうってつけ。パートナーへたくさん愛情表現したい時に、ぜひプレイしてみましょう。

(43)達磨返し(だるまがえし)

四十八手にはひもを用いた緊縛系の体位がいくつかありますが、達磨返しもその1つ。女性の脚を縛って行う正常位です。

SMチックなプレイなので、ビジュアル的にも精神的にも刺激が強めの体位といえるでしょう。

ただ、女性はある程度の柔軟性がないと、うまく脚を折り曲げられないかもしれません。もし挑戦したい時は、無理のない範囲で楽しんでみてくださいね。

(44)乱れ牡丹(みだれぼたん)

乱れ牡丹とは、座った男性に女性が背を向けて乗り、挿入する体位のこと。

女性が大胆に脚を開けば、いつもより妖艶な自分を演出できるはず。また、鏡の前でプレイすると、そこへ映った2人のエロティックな姿に興奮が高まるでしょう。

(45)仏壇返し(ぶつだんがえし)

仏壇返しとは、女性が前屈するように床へ手をつき、その後ろから男性が挿入する体位。いわゆる立ちバックの一種です。

女性には柔軟性が求められるものの、そこをクリアできれば股の間から結合部や相手の動く様子が見えるので、視覚的な刺激を味わえるはずです。

また、仏壇返しはどこか動物の交わりを連想させる体位なので、野性的なセックスを楽しむのにもぴったりでしょう 。

(46)菊一文字(きくいちもんじ)

菊一文字とは、女性が脚を開き、そのそばへ男性が寝そべって挿入する体位のこと。見た目は騎乗位のようですが、実は側位に分類されます。

脚を大きく開くため、女性にはある程度の柔軟性が必要です。

しかし、深い挿入感と激しいピストン、さらに男性からの愛撫も期待できるので、きっと努力以上の快感が手に入るでしょう !

(47)松葉崩し(まつばくずし)

松葉崩しは、V字形の松葉が交差するように、男女の脚をクロスさせる体位。

メジャーな体位である正常位の変化型なので難易度が低く、気軽に取り入れられるプレイといえます。

また、男女共に動きやすく、結合部の密着度が高いので深い挿入感を得やすいのもメリットです。

体位のレパートリーを増やしたいけど難しいプレイはちょっと……という人は、ぜひチャレンジしてみてください 。

(48)燕返し(つばめがえし)

燕返しとは、女性がうつぶせになり片脚を上げて行う後背位のこと。

女性にはある程度の柔軟性が必要なものの、挿入自体はそこまで難しくありません。

バックから移行しやすい体位なので、「バック→燕返し」の流れでプレイすると、体勢が変わったことによる挿入角度の変化でまた新しい快感を堪能できるでしょう 。

四十八手にトライしてマンネリを防止しよう!

四十八手には、思わず驚愕してしまうようなユニークな体位がたくさんあります。そんな四十八手を全て制覇している人は、おそらく少数派のはず。

いつもと同じ体位でのセックスには安心感があるものの、時にマンネリを感じるタイミングもあるかもしれません。

それを防ぐコツの1つとして、新鮮なプレイを取り入れるということが挙げられます。

そこで、今回紹介した四十八手にチャレンジしてみてはどうでしょうか。初めて試す体位がたくさんあるはずなので、きっと新鮮な快感を味わえるはずですよ!

(関由佳)

※画像はイメージです

※この記事は2022年09月01日に公開されたものです

関由佳 (心理カウンセラー・カラーセラピスト・筆跡アナリスト)

心理カウンセラーでカラーセラピスト、筆跡アナリスト。前向きな女性の生き方を提案するコラムを執筆し、最近は筆跡心理学セミナーやテレビ出演も。多面的な角度から人の心理を読み解きます。

この著者の記事一覧 

SHARE