お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

乱れ牡丹(みだれぼたん)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

乱れ牡丹(みだれぼたん)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、乱れ牡丹(みだれぼたん)という体位を紹介します。

乱れ牡丹(みだれぼたん)とは?

「乱れ牡丹」とは、女性が座った男性に背を向けて乗り、挿入する体位のこと。いわゆる背面座位の一種です。

なかなかエロティックで大胆な体勢を取れるので、男女共に興奮するのではないでしょうか。

女性は相手の顔が見えない分、羞恥心を捨てやすいはず。我を忘れるほど楽しんだ方が、より強い快感を得られるものです。ぜひ思いきり乱れてみてくださいね。

ところで、「立てば芍薬(しゃくやく)座れば牡丹歩く姿は百合(ゆり)の花」という言葉を聞いたことはありますか?

これは、古くからうつくしい女性を表すのに使われてきた言葉です。牡丹は、昔から美人を連想させるうつくしい花として愛でられてきたのでしょう。

これを踏まえた上で「乱れ牡丹」と聞くと、女性がセックスの時に見せる妖艶な姿をイメージしてしまいますね。

それが四十八手における「乱れ牡丹」という名の由来なのかもしれません。

どんな時におすすめ?
いつもよりエロティックに盛り上がりたい時

難易度
★★★☆☆

次ページ:乱れ牡丹のやり方

SHARE