お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

手懸け(てがけ)とは? イラストで体位を解説【四十八手】

関由佳

手懸け(てがけ)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、手懸けという体位を紹介します。

手懸けとは?

「手懸け」とは、椅子の上で女性が男性の膝に乗って行う背面座位です。

女性が男性の脚に挟まれるよう座る体勢と、脚の上にまたがる体勢の2パターンがあります。

前者は女性が脚を閉じて座る形になるので男性器をぎゅっと挟みやすく、後者は脚を開いたエロティックなポーズを期待できる体位です。

どちらも男性は動きにくいので、女性が動いてリードするのが基本。

ちなみに「手懸け」にはさまざまな意味がありますが、そのうちの1つに「手を掛ける所」があります。椅子でいえば、肘掛けでしょうか。

行為中に女性を支える男性の腕を「手懸け(=肘掛け)」に見立て、この名がついたのかもしれません。

手懸けは慣れるまで少々難しい体位ではありますが、椅子を使うのでベッドルーム以外のいろいろな場所で試せるのが魅力の1つ。

女性はずっと後ろからハグされていることになるので、相手の温もりを背中いっぱいに感じられますよ!

どんな時におすすめ?
ベッドルーム以外の場所で良い雰囲気になった時

難易度
★★★☆☆

次ページ:手懸けのやり方

SHARE