お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

鳴門(なると)とは? 四十八手の体位を解説(イラストつき)

関由佳

鳴門(なると)とは、セックスにおける四十八手の1つ。具体的にはどのような体位なのでしょうか? 恋愛コラムニストの関由佳さんに、やり方やコツをイラストつきで解説してもらいます。

いつもお決まりの体位ばかりしていると、なんだかマンネリを感じてしまうこともありますよね。

そんな時、参考にしたいのが四十八手。今回は、鳴門(なると)という体位を紹介します。

Check!
【四十八手一覧】セックスの体位をイラストつきで解説!

鳴門(なると)とは?

鳴門とは、背面座位の状態で女性が腰をひねるように動かす体位のこと。

「鳴門」といえば、鳴門海峡の渦潮が有名ですよね。これは世界三大潮流の1つといわれています。

体位としての「鳴門」という呼び名は、女性の腰の動きを荒々しく渦巻く潮になぞらえたものなのかもしれません。

背面座位の体位は四十八手の中にいくつかありますが、女性にとって鳴門は比較的難易度が高く、筋力も必要。

しかし、慣れれば通常のピストンとは違う複雑な快感をつくり出すことが可能です。そのため、パートナーに「なにこれ⁉」と言わせてしまう、高度なテクニックといえます。

特別な日にサプライズで取り入れてみると、盛り上がるでしょう。

どんな時におすすめ?
女性が男性を驚くほどの快感で攻めたい時

難易度
★★★★☆

ちなみに、四十八手における背面座位は、鳴門の他に以下があります。

鳴門のやり方

それではさっそく、鳴門のやり方を解説します。ポイントは、腰の動きです。

鳴門の手順

鳴門の手順は以下の通りです。

STEP1:女性が男性へまたがるように挿入

男性は、脚を閉じて前に伸ばします。そこへ女性が背を向けた状態でまたがり、挿入します。

この時、女性は膝を立てたままのM字開脚の姿勢になるとスムーズです。

STEP2:女性が腰をひねりながらピストン

挿入したら、女性は膝の動きを利用して腰をひねるように動きます。そこへさらに上下の動きをプラスし、男性器をねじり上げるような刺激を与えましょう。

女性だけで上下に動くのが難しい時は、相手に腰を支えてもらうと少し楽かもしれません。

鳴門をする時のポイント

鳴門では、下半身をフルに使って、ねじる動きと上下運動を組み合わせる必要があります。そのため、一番のポイントは腰の動かし方といえるでしょう。

腰をねじる時は、つま先立ちのようにかかとを上げ、足先を軸にすると動きやすくなります。男性にまたがったままつま先をひねり、膝を左右交互に内側へ倒すよう動きましょう。

「膣で男性器をねじる」とイメージすれば分かりやすいかもしれません。

腰を上下に動かす時は、手を前につくと安定します。慣れるまではゆっくり動かすのがおすすめ。

ただし、動きばかりを意識すると快感が遠ざかってしまいます。そうならないよう、動きながら膣内の感覚にも集中してみてください。

▶次のページでは、鳴門の注意点を解説します。

次のページを読む

SHARE