お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「照れ屋」とはどんな意味? 特徴や心理、アプローチ方法も解説

武田 麻希

照れ屋な人の特徴

ここからは、照れ屋な人の特徴を見ていきましょう。

(1)自己主張が苦手

照れ屋な人は、自分の意見を否定されたり笑われたりして恥をかきたくないという気持ちが特に強く、注目されることが苦手です。

そもそも、「自分から進んで意見を述べる」ということに苦手意識を持っている人も。人から注目されていると照れてしまうので、なるべく目立ちたくないと考えているのでしょう。

そのため、言いたいことがあったり意見を求められたりしても、自己主張ができない場面もあるようです。

(2)恋に奥手

恋をすると、少なからずドキドキするものです。片思い相手と接する時に照れるのは、自然なことといえるでしょう。

しかし照れ屋な人はちょっとしたことでも極端に恥ずかしく感じてしまうため、誰かを好きになっても自分からアプローチできない場合もあるようです。

「意中の相手に好意を伝えられないまま数年経ち、片思いで関係が終わってしまった」という経験をしている人もいるかもしれません。

(3)出会いの場が苦手

照れ屋な人は、慣れない相手と一緒にいると「緊張しすぎてうまく話せない」「恥ずかしくて気が休まらない」といった状態になりがち。

そのため、見知らぬ人が来るイベントや合コンといった出会いの場は苦手なようです。

積極的に多くの人と交流するよりも、本当に親しい人とだけ仲良くしたいタイプともいえます。

次ページ:照れ屋な人の心理

SHARE