お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

友達から恋人候補に変わる時の男性心理とは? 進展させるポイントも解説

#Lily_magazin

男友達を好きになって、どう恋愛を進展させるべきか悩む人はいるでしょう。しかし、友達関係が長くても恋人になれるチャンスはあります。この記事では、男性の中で女友達が恋人候補に変わる瞬間と心理、関係を発展させるためのポイントを紹介します。

好きな男性と長い間友達関係にある場合、なかなか発展しない恋に焦りを感じますよね。

しかし、友達関係が長い場合でも恋愛に発展させられるチャンスはあります。

この記事では、女性が友達から恋人候補へ変わる時の男性心理と、恋人候補になるためのポイントを解説します。

女性が友達から恋人候補に変わる瞬間と男性心理

まずは、男性の中で女性が友達から恋人候補に変わる瞬間と心理を解説します。

(1)他の男性と話していて気になった

女友達が他の男性と楽しそうに話している姿を見て、嫉妬している自分に気づく男性がいます。

「あんなに楽しそうに何を話しているんだろう?」とモヤモヤするようであれば、もうただの友達とはいえないでしょう。

それに気づいた時、女性を友達ではなく恋人候補として見るようになるのです。

(2)イメチェンした女性にドキッとした

女性がバッサリ髪を切ったり、ヘアカラーを変えたりした時に、恋心が芽生える男性も。

ガラッとイメージが変わった女性を見て、男性は「こんなにきれいな人だったっけ」とドキドキしたのかもしれません。

それがきっかけで、女友達を恋人候補として見始める場合があります。

もし男性に振り向いてもらいたかったら、イメチェンしてみるのも一手です。

(3)笑ってもらえてうれしく感じた

たわいない話で笑ってくれた女性を見てホッとした時、相手に友達以上の気持ちを抱いていることに気づく男性もいます。

好きな人にはいつも笑っていてほしいと思うもの。男性はいつのまにか、相手の女性に笑顔でいてもらいたいと思うようになっていたのかもしれません。

もし男性があなたに笑ってもらおうと一生懸命話し掛けてくるなら、恋人候補として見られている可能性があります。

(4)ふと女性のことを考えている自分に気づいた

好きな人がいると、ふとした時に「今何しているのかな?」と相手を思い浮かべることが増えるもの。

いつも女性のことを考えている自分に気づいた時、男性は相手のことを恋人候補として見始める場合があります。

(5)用事もないのに連絡したいと思うようになった

連絡する用事もないのにLINEや電話をしてしまうのは、相手のことが気になるからだと考えられます。

すぐ連絡してしまう自分に気づいた時、男性は女性への気持ちが大きくなっていることを自覚し、恋人候補として見るようになる場合があります。

次ページ:友達から恋人候補になるためのポイント5つ

SHARE