お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

片思いに疲れた……。「どうでもいい」と思う理由と対処法4つ

#Lily_magazin

片思いに疲れた時に、ふと「どうでもいい」と思ってしまうこともありますよね。では、どうして「どうでもいい」という気持ちになるのでしょうか? この記事では、その理由と対処法について解説します。

進展しない片思いに疲れて、「もうどうでもいいや」と思ってしまった経験はありませんか?

なかなか決着のつかない片思いを続けていると、やりきれない気持ちになってしまいますよね。いっそ諦めてしまったら楽なのかもしれませんが、彼を好きな気持ちがあるのに片思いを終わらせるのも難しいでしょう。

そんな状況で、どうしたら良いのか分からなくなっている人もいるのではないでしょうか。

今回は片思いに疲れて「どうでもいい」と思ってしまう理由と、その対処方法について紹介します。

片思いに疲れて「どうでもいい」と思う理由

最初は片思いにドキドキ感や楽しさを感じていても、片思いが長くなるにつれ疲れてしまい、「もうどうでもいい」と思ってしまう女性も多いと思います。

そこでここでは、片思いがどうでもよくなってくる理由を4つ紹介します。

(1)片思い相手からの好意が見えないから

長いこと片思いしているのに進展がないと、「このまま両思いになれないままなんじゃないか」と思ってしまい、疲れが出てきます。

どんなに思い続けても変わらない彼の態度に、「好きでいることをやめた方が良いのではないか」と弱気になり、片思いを諦めたくなってしまうのです。

(2)一喜一憂したくないから

相手から話し掛けられてうれしくなったと思ったら、今度は冷たい態度を取られて悲しくなる……。

このように、片思い相手の行動に一喜一憂するのに疲れてしまい、「もうどうでもいいや」と感じるパターンもあります。

相手の行動1つで有頂天になれるのは片思いの楽しみの1つ。

一方で、自分のことを好きなのか分からない相手の何気ない行動で、一気に悲しみのどん底に突き落とされるのは、片思いならではのつらさです。

これが積み重なると、片思いの楽しさよりもつらさが勝ってしまい、「どうでもいい」という気持ちになってしまいます。

(3)片思い相手に恋人がいるから

片思い相手の恋人のことを考えると、変に行動できず行き詰まった日々が続いてしまいます。

これが続くと、「どんなに好きでいても報われない」と感じてしまい、片思いを諦めたくなるのも仕方がないでしょう。

さりげないアプローチも虚しく、彼とパートナーとのラブラブな姿を見るとつらくなって、「もうどうでもいい」という気持ちになってしまいます。

(4)片思い相手から嫌われているから

片思い相手から嫌われてしまっている場合、恋の成就は難しくなります。

LINEの返信が来なかったり、話し掛けてもあからさまに嫌そうな態度を取られたりすると、心が折れてしまいますよね。

彼もあなたにうんざりしてしまっている可能性があり、そうなると、この壁を打破するのはなかなか難しいでしょう。

それが分かってしまい実らない片思いが長期化すると「疲れた、どうでもいい」という気持ちになってしまいます。

次ページ:片思いに疲れた時の対処法4つ

SHARE