お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

婚活を成功させる5つの秘訣とおすすめの出会い方

朝谷のも

うまくいかない時に意識すると良いこと

どんなに頑張っても婚活がうまくいかない時は、婚活に対する自分の考えや姿勢をほんの少し変えてみましょう。それだけでも、婚活成功が近付きます。

どんなことを意識すべきなのかを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

(1)婚活を重く捉えすぎない

何度も婚活に失敗していたり、すぐに結婚を決めなければならないと焦ったりしていると、次第に婚活自体がつらくなってくるものです。そんな時は、もう少し肩の力を抜いてみましょう。

婚活で出会った方とは基本的に結婚を前提にお付き合いがスタートすると思いますが、付き合ってみないと分からないことも多いものです。

「お付き合いが始まったから、その人と絶対に結婚しなければならない」と考えるのではなく、「思っていた感じと違った」と思ったら、その相手とは別れて新しい出会いを探すなど、気軽に行動をしてみましょう。

婚活パーティーなどの出会いの場に行く時は、「今日は良い人に出会えたらいいな」くらいの気持ちでフットワークを軽くして、いろいろな人に出会ってみましょう。

(2)楽しみながら婚活する

普段から人見知りをしてしまう人や、自己アピールが苦手な人は、本当の自分を出せず婚活を心から楽しめないということもあるでしょう。そんな人は、自分が楽しめそうな婚活パーティーを探して参加するようにしてみてください。

例えば、「読書好き」や「グルメ好き」など、テーマを絞った婚活パーティーはいかがでしょうか。自分の得意分野を生かした会話を楽しむことができ、自己アピールも上手にできる可能性が高まります。

また、自分が心から楽しいと思える婚活の時間を過ごすことができれば、それが相手にも伝わり、良い縁につながることもあります。

また、何度も婚活パーティーに参加しているうちに雰囲気に慣れてしまい、新鮮味が無い、楽しくないと思ってしまうこともあるでしょう。

そういう時は、今日は自分から積極的に声をかけるなどの目標を考える、いつもとヘアメイクを少し変えてみるというように、フレッシュな気持ちでパーティーに参加できるような工夫をしてみてください。

(3)本当に自分に結婚願望があるのか考えてみる

どれだけ婚活を頑張ってもうまくいかない人は、自分が本当に結婚したいと思っているかをもう一度よく考えてみましょう。もしかしたらあなたは、実はそこまで結婚を強く望んでいないのかもしれません。

「そろそろ結婚したくなってきたな」と自分の気持ちが本当に高まってきている時に行動する方が、婚活への真剣さが増して、成功しやすくなります。

自分の気持ちと真剣に向き合った結果、結婚はまだしなくていいと思えたならば、婚活を一旦忘れて、趣味や仕事に集中して日常を楽しむようにしましょう。

(4)いつもポジティブな気持ちで婚活をする

婚活に失敗してモチベーションが下がっている時でも、暗い顔をしていては相手に好印象を与えることはできません。落ち込んでいる時でも気持ちをうまく切り替えて、できるだけポジティブな気持ちで婚活に挑むようにしましょう。

ポジティブな気持ちでいることを意識していると、相手の良いところにも目が行きやすくなります。今まであまり魅力的に見えなかった相手も、良いところが見つかると魅力的に見えてくるかもしれません。

また、ポジティブで明るい雰囲気な人は相手側も声をかけやすいので、デートなどに誘われる可能性も上がるでしょう。

次ページ:婚活を成功させるために。おすすめの出会い方5選

SHARE