お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人に冷めたかも? 原因と気持ちの確かめ方

シシィ

「好きな人に冷めたかも」と悩んでいるあなたへ、考えられる原因を紹介。気持ちは本当に冷めたのか、判断軸になるポイントを詳しく解説します。記事を読んで、ぜひ気持ちを確かめてみましょう。

とても好きな人がいたのに、なんだか急に冷めた……。あなたにも、そんな経験はありませんか。

好きな人がいるウキウキ感が消えてしまって喪失感を覚えたり、自分はなんて飽きっぽいんだと自己嫌悪に陥ったりしている人もいるのではないでしょうか。

自分の気持ちがいまいちハッキリせずに悩んでいる人もいるかもしれません。逆に、手応えを感じていた相手の態度が急に冷めたと感じ、戸惑っているケースもあるでしょうか。

今回は、好きな人に冷めてしまう原因や、冷めてしまった時に現れるサインを紹介します。併せて、どのように対処していけばいいのかを解説していきます。恋に冷めた・冷められてしまったとお悩みの方はぜひ参考にしてくださいね。

目次

好きな人に冷める主な原因とは?

つい今しがたまで好きな相手だったのに、急に気持ちが冷めてしまうというのは、実はよくあること。

なぜ突然気持ちが冷めるのでしょうか。原因は、次のようなところにあります。

(1)自分の想像と相手の実像が異なっていた

自分が作り上げていた相手の像とのギャップに気づくと、一気に現実に引き戻されて恋が冷めることがあります。

相手の理想像を作り上げる行為は、恋愛に対する理想が高く、減点方式で相手を見てしまう人が経験しやすいと言えるでしょう。

相手は何も変わっていないのに、自分が押しつけた理想と実像のギャップを埋められず、勝手に冷めていってしまうパターンです。

(2)自分勝手な対応を取られた

相手が自分勝手で思いやりに欠ける人だと、振り回された結果、ふと我に返って恋が冷めることがあります。

自分勝手な対応とは、例えば次のようなことです。

・デートの予定を組む時に自分の要求ばかり通そうとする。

・人が話している時に度々話を被せてくる。

・何をしても許されると思っているかのように傍若無人に振る舞う。

・自分最優先な態度を取る。

(3)性格の悪さやモラルの低さが感じられた

相手の性格が悪いと気づいたり、モラルが低いと感じたりした場合には、好きな気持ちが急に冷めることがあります。

例えば、タバコのポイ捨てや店員への態度が悪い場面に遭遇すると、相手に幻滅してしまうかもしれません。

また、周りから同レベルだと思われたくないと感じることで、一緒にいるのが苦痛になる瞬間もあるでしょう。

(4)自慢話ばかりで相手の小ささを感じた

相手が自慢話ばかりする人だと、度量が小さく感じられ、急速に恋が冷める原因になります。

自慢話に対して、初めのうちは素直にすごいと思ったり、相手を褒めたりすることもあるかもしれません。しかし、徐々に好意の熱量が下がるとフィルターが取れていき、現実に気づいてしまうことも。

冷静になった瞬間、気持ちは消えていってしまいます。

(5)お金や地位目当てだと感じた

相手の目当てが自分のお金や地位にあり、自分のことが本当に好きなわけではないと気づいてしまうと、途端にどうでもよくなって気持ちが冷めていくことがあります。

例えば、デートで会計をする時に相手が財布を出す素振りを見せず、ありがとうすら言われなかったり、プレゼントをもらっても当たり前の態度を取られたりしたら、気分の良いものではありません。年収を根ほり葉ほり聞かれるのも不快なものです。

このように、お金や地位を目当てにされて恋が冷めるのは、男性に多い傾向があります。

(6)お金に細かすぎる一面を見てしまった

お金を大切にするのは良いことですが、あまりに細かすぎると、一気に好きな気持ちが冷めてしまう人もいます。

例えば、デートの時に1円単位まで割り勘にしたり、貸したお金は10円でもきっちり徴収しようとしたりすることについて、もう少しラフにやり取りしたいと思う人もいます。

お金に対する価値観は人それぞれ。今回は、細かすぎることを例にしましたが、大雑把な様子を見て、「自分とは合わない……」と気持ちが小さくなっていくパターンもあることでしょう。

(7)干渉や束縛が鬱陶しくなった

必要以上に干渉や束縛をされると鬱陶しくなり、好きな気持ちが冷めることがあります。

例えば、次のような場合には相手を鬱陶しく感じ、気持ちが離れてしまうかもしれません。

・同性の友達と出かけるだけなのに、相手をしつこく詮索してくる。

・異性のいる集まりへの参加を禁じられる。

・仕事中や夜中などこちらの都合を考えずにLINEやメールが頻繁に送られてきた挙句、返信が遅い時には責められる。

・親のように何かと世話を焼かれる。

(8)食事マナーの悪さが目についた

相手の食事のマナーが悪いと、他がどんなに良くても生理的に受けつけないと感じる人は多いようです。

相手がクチャクチャ音を立てながら食べたり、箸遣いが汚かったりしたところを目撃した瞬間、不快になって気持ちが冷めてしまうケースもありそうです。

(9)付き合う前から体の関係を迫られた

まだ付き合ってもいないうちからいきなりホテルに誘われると、相手に幻滅するという人は多いのではないでしょうか。

好きな気持ちが冷めてしまうどころか、一気に相手を嫌いになることすらあるでしょう。

女性は特に、無理やり体の関係を迫られると相手に対してネガティブな感情を抱きやすくなります。

あなたが冷めた背景には、このようなやり取りがあったのではないでしょうか。

(10)他の異性の存在を感じた・脈なしだと分かった

好きな人に他の異性の存在を感じ、脈なしだと分かった場合には、盛り上がっていた恋心がスッと冷めることがあります。報われない思いを続けて疲弊しないよう、どこかで心の防衛反応が働き、気持ちにセーブがかかるのかもしれません。

具体的には、次のような状況で気持ちが冷める可能性があります。

・相手に恋人や夫・妻がいることが分かった。

・相手が他の誰かを好きだと分かった。

・誰かれ構わず異性の気を引く態度を取っていることが分かった。

(11)待っているのに告白してくれなかった

時に、なかなか進まない恋愛に対して気持ちが冷めてしまうこともあります。待つことに疲れてしまい、恋を諦めてしまうのです。

特に、女性は相手からの告白を待つ傾向にあるので、このような経験をする可能性が高くなると言えるでしょう。

(12)両思いになった

中には、両思いになった瞬間に気持ちが冷めてしまうこともあるようです。

意識のあるなしに関わらず、恋の駆け引きや相手を追っているのが楽しかっただけという人もいます。そんな人は、相手の気持ちを手に入れたことで目的が達成されて満足し、相手のことがどうでもよくなるのです。

場合によっては、相手のことを気持ち悪いとすら感じてしまうことも。これは蛙化現象とも呼ばれ、自己評価の低い人に起こりやすいと言われています。

次ページ:好きな人に冷めた時に現れる5つのサイン

SHARE