お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

好きな人に冷めたかも? 原因と気持ちの確かめ方

シシィ

好きな人が冷たいと感じた時の対処法

自分の気持ちは冷めていなくても、相手が最近冷たい気がして悩んでいる人もいるかもしれません。

好きな人が自分に冷めてしまった時には、どうするべきでしょうか。最後に、その対処法を紹介します。

(1)相手が冷たくなった原因を分析する

なぜ相手の気持ちが冷めてしまったのかを、冷静に分析しましょう。

理由が分からないことに対しては、対策を立てにくいものです。まずは、相手が冷たくなった前後のことをよく思い返してみましょう。

自分が直接何かをしてしまった場合以外にも、相手の個人的な理由から冷たくなった可能性もあります。

(2)共通の友人に相談する

自分と相手に共通の友人がいたら、その人に相談してみましょう。

相手の近況を知れば、冷たくなった理由の判断材料が増え、対策を練ることができます。

例えば、相手が仕事で忙しいことを教えてもらえた場合には、しばらく遠くから見守るなどの対策が立てられます。

共通の友人には、相手に片思いしているなどの事情を話す必要はありません。「最近元気がないみたいだけど、何かあったか知らない?」という具合に、さりげなく好きな人についての話題を振ってみましょう。

(3)今までと変わらない対応を続ける

相手には、今までと変わらない態度で接しましょう。

相手の対応が冷たくなったからといって、急にしつこくつきまとったり、気を引くような行動を取ったりするのは、逆効果になる可能性が高いです。

相手から鬱陶しいと思われ、完全に心が離れてしまうかもしれません。よく観察しながら、なるべくいつも通りに接しましょう。

(4)あえて引いてみる

冷たい態度を取るようになった相手からは、あえて引いてみるのも手です。

人は追いかけられると逃げたくなることも多いもの。あえて引くことで相手が危機感を持ち、向こうからを追いかけてくれるようになるかもしれません。

ただし、距離の置き方によっては関係が終わってしまう可能性もあります。さじ加減を見極めつつ、絶妙なバランスを目指しましょう。

「好きな人に冷めた」というのはよくあること!

今回は、好きな人に対して気持ちが冷めてしまう原因やサイン、相手の心が離れてしまった時の対処法などを紹介しました。

好きな人に冷めてしまうのはよくあることで、一瞬で気持ちが冷めるケースも決して珍しくはありません。必要以上に自分や相手を責めたり、執着しすぎたりしても、何も得られないばかりか、精神的ダメージを積み重ねてしまうだけです。

ネガティブな感情から脱却して次の恋愛につなげるためには、まずは広い視点をもち、うまくいかなかった原因を冷静に分析することが重要です。

その上で前を向きましょう。進んだ先には、もっともっと素晴らしい恋愛が待っているかもしれませんよ。

(シシィ)

※画像はイメージです

※この記事は2021年10月06日に公開されたものです

シシィ

関東在住のWebライター。プログラマーやコールセンターのオペレーター、医療検査用品会社の事務など幅広い職歴を持つ。分かりやすく実のあるコンテンツ作りを目指し、日々奮闘中。プライベートでは、ミステリーや合唱などをたしなむ。フィギュアスケート教室通いがマイブーム。夫や猫と共に、ゆるやかな日常を送っている。

この著者の記事一覧 

SHARE