お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「一線を画す」の正しい意味とは? 使い方や類義・英語表現を解説

ino

「一線を画す」の類語や言い換え

ここからは、「一線を画す」の類語をご紹介していきます。類語を覚えておくと、ボキャブラリーが増えて言葉の言い換えがしやすくなりますよ。

3つご紹介しますので、それぞれの意味を確認しておきましょう。

(1)差をつける

「差をつける」という言葉は「一線を画す」と全く同じ意味ではないですが、似た意味を持っています。

性質や状態の隔たりを表す言葉として使われることが多い傾向にあります。

(2)仕切りをする

「仕切りをする」は、「一線を画す」と同じように、物と物の間を区別する時に使われる表現です。

「一線を画す」と一番意味が近い類義語とも言えるでしょう。ただし、「仕切りをする」という言葉にはどちらかがより優れているという意味はないので注意してください。

(3)距離をおく

「距離をおく」も少し意味が違いますが、「一線を画す」に近い使い方をします。

この他にも「制限を設ける」「分ける」などが「一線を画す」の類義語として使われています。

「一線を画す」を覚えればさまざまな場面で役に立つ

「一線を画す」について、正しく理解ができたでしょうか。「一線を画す」は「いっせんをがす」ではなく「いっせんをかくす」と読み、いろいろな場面で使える言葉です。

その分。誤用も多いため、正しい使い方を覚えてボキャブラリーを増やしてきましょう。

ビジネスシーンでも、正しい言葉遣いができると役立つことが多いです。例文や類語も併せて覚えると、さらに使いこなせるようになるでしょう。

(ino)

※画像はイメージです

※この記事は2021年08月27日に公開されたものです

ino

心理学専攻の大学生ライター。得意ジャンルは美容、LGBT、恋愛、心理学。共感させるライティングやコラムを書くのが好き。

この著者の記事一覧 

SHARE