お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「一線を画す」の正しい意味とは? 使い方や類義・英語表現を解説

ino

「一線を画す」の例文と使い方

続いて、「一線を画す」の例文と使い方を解説します。例文を見るとどのような場面で使うべきなのかが分かり、さまざまなシーンで応用ができるので、ぜひ参考にしてください。

例文

・新製品は今までの製品と一線を画すほどのできだ

これまでとは全く違うかなり良いできのものができた時、その製品と他の製品を区別するために使われます。

「一線を画す」という言葉を使うことで、どれくらい比較するものに違いがあるのか分かりやすいでしょう。

例文

・あの人は他の人と一線を画している

人を比較する時にも「一線を画す」という言葉を使います。一線を画すという言葉には、ある対象と他の対象をはっきり区別し片方の対象が優れていることを指すニュアンスもあるため覚えておきましょう。

例文

・英語と日本語は一線を画すほど文の構造が違う

こちらも他の例文と同じく対象を区別する時に使っています。

このように、「一線を画す」にはいろいろな使い方ができるので、ぜひ覚えて使ってみましょう。

次ページ:「一線を画す」の英語・中国語での表現

SHARE