お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

マッチングアプリでLINE交換するには? ベストタイミングや上手な誘い方

山本茉莉

マッチングアプリでLINE交換はOK? 危険なポイントはある? マッチングした後、中を深めるために行いたいLINE交換。そのメリットやデメリット、交換に適したタイミング、聞き出し方などを詳しく解説します。

マッチングアプリでやり取りが始まったら、次はLINE交換に進みたいですよね。

しかし、LINEを教えることに抵抗を感じる人もいるため、「断られたら気まずい……」と聞くのをためらうこともあるでしょう。

そこで今回は、マッチングアプリで上手にLINE交換する方法を徹底解説。交換タイミングやLINEを長く続けるコツなどを紹介します。

目次

マッチングアプリでLINE交換するメリットは?

マッチングした相手とLINE交換すると、距離を縮めやすくなったり、気軽に電話できたりするメリットがあります。

まずはマッチンアプリでLINE交換をするメリットを見ていきましょう。

(1)距離が縮まって仲良くなりやすい

LINEでやり取りすると相手との距離を縮めやすくなり、アプリで話すよりも仲良くなれる可能性があります。LINEはマッチングアプリのメッセージ機能よりもスムーズに会話できるため、親しい関係になりやすいのがメリット。

さらに、日常生活で頻繁に使うツールであることから、「お互いのプライベートに近づけた」という特別感があります。親密度が上がることで、相手にフェードアウトされにくくなるのもポイントです。

(2)既読かどうか確認できる

マッチングアプリからLINEに移行すると、相手がメッセージを読んだかどうかを無料で確認できます。マッチングアプリにも既読機能はありますが、有料プランやオプション機能であるのが一般的です。

未読なのか既読スルーなのかは、相手の気持ちを探るためのヒント。未読なら「返事が来るかも」と希望を持てますが、何日も既読スルーされた状態なら諦めるべきか判断するきっかけにもなりそうです。

(3)電話で距離を縮められる

マッチングアプリには通話機能がないものがあります。一方、LINEなら無料で通話できます。通話に加えてビデオチャット機能も利用でき、声だけではなく顔を見て会話することが可能です。

マッチング相手と通話するメリットは、話し方や雰囲気などが分かることです。メッセージのやり取りだけよりも距離が縮まり、親密度がアップするでしょう。

(4)他人に通知を見られても気にならない

マッチングアプリを使っていることは、あまり人に知られたくないという人も多いでしょう。せっかく通知が来ても、人前ではなかなかアプリを開きづらいものです。

通知をオフにする手もありますが、これではメッセージが来ても気づけないため、大切なチャンスを逃すことになりかねません。

一方、LINE交換をすればメッセージ受信の通知を人に見られても気にならなくなります。LINEは一般的なコミュニケーションツールのため、通知を見られてもマッチングアプリの利用が周囲にバレる心配はありません。

危険性はある? マッチングアプリでLINE交換するデメリット

LINE交換すると親密度が上がりやすくなりますが、反対にデメリットもあります。マッチングアプリでLINE交換するデメリットも知っておき、相手と交換するかどうか、自分自身の判断軸を持ちましょう。

(1)個人情報を知られる可能性がある

LINE交換によって、相手に個人情報を知られる可能性があります。ニックネームで登録することが多いマッチングアプリと異なり、LINEは本名で登録する人もいるからです。

本名からSNSを割り出され、個人情報を特定される危険があることは否定できません。

LINEの名前を本名で設定している場合は、SNSを非公開設定にしておくなどの対策をするのが無難。登録名をニックネームに変えておくのもいいでしょう。

また、LINEのタイムラインに個人情報につながる内容がないか確認しておくのも重要です。

(2)トラブルに巻き込まれることがある

マッチングアプリには業者やサクラ、宗教・ビジネス勧誘などの悪質ユーザーが紛れていることも。そのようなユーザーとLINE交換した場合、トラブルに巻き込まれる可能性があります。

具体的には、迷惑メールや詐欺サイトへの誘導、架空請求、LINEアカウントの乗っ取りといったトラブルが起こるリスクがあります。

また、業者ではないからといって、相手が迷惑行為をしないとは限りません。

例えば、告白されて断った相手に逆恨みされ、ネット上にLINE IDを晒されるなど、お互いの情報を交換するということは危険もはらみます。LINE交換しただけで付き合えたと相手が勘違いし、関係がこじれることだってあるかもしれません。

LINE交換は親密度を上げる一歩踏み込んだ行為だと考え、本当に相手とそれをしていいのか、慎重に見極めましょう。

(3)既読のプレッシャーがある

LINEは既読が分かるのがメリットですが、一方で既読がプレッシャーになることもあります。

「既読をつけたらすぐに返事しないといけない」と認識している人は多いでしょう。既読が分からないマッチングアプリよりも、LINEは返信の義務感を抱きやすいのが、見方によってはデメリットです。

既読がプレッシャーになった結果、お互いに返信が面倒になって気持ちが冷めることだってあるかもしれません。

(4)温度感に差があるとうまくいかない

相手がLINE交換を望んでいない場合、LINE交換を持ちかけただけで不信感を抱かれ、マッチングアプリ上でブロックされたり音信不通になったりすることがあります。

LINE交換するタイミングに来ているのかどうか、相手の気持ちも考えながら提案しないと、恋を終わらせてしまうきっかけになりかねません。

次ページ:マッチングアプリのLINE交換が成功しやすいタイミングは?

SHARE