お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

推しとは? 「好き」「ファン」との違い、推し活についても解説

ひらり

推しとは?

まずは、「推し」という言葉の意味や語源、類義語などを紹介します。

「推し」の意味

「推し」とは、一推しのメンバーを指す「推しメン」をさらに略した言葉です。

アイドルグループ内で最も応援しているメンバー、おすすめしたいメンバーを指す言葉として以前から使われていました。

そして、AKB48の人気と共に世間に広く知られるようになったとされています。

「推し」の語源

語源は、推薦や薦めるという意味の「推す」からきており、誰かにおすすめしたいほど好きな様子を表しています。

その存在を独り占めしたいわけではなく、他の人にも良さを伝えたい、興味を持ってくれたらうれしいという気持ちがニュアンスとして含まれる点が特徴。

したがって、「好き」よりもさらに強い愛が感じられる言葉です。

「推し」の類義語・関連語

「推し」の類義語・関連語には以下のようなものがあります。

(1)神推し

「神推し」とは、特定のメンバーを熱心に応援すること、最大級に推していることを意味します。

同じ意味で使われる「激推し」という言葉もあります。

(2)箱推し

「箱推し」または「全推し」とも言い、この場合「箱」とは「物を入れる容器全体」を指すことから「グループや会場全体」のを表します。

つまり箱推しとは、特定のメンバー1人ではなくグループ全体を応援することを意味します。

(3)推し事

「推し事」とは「推しを応援すること」と「お仕事」をかけた造語です。

毎日仕事をするように推しの情報をチェックし、さまざまな方法で応援する活動を指します。

(4)推し変

「推し」を変えることを「推し変」と言います。

つまり、応援するアイドルを変更するということ。同じグループ内での変更や、別のアイドルグループに鞍替えする時に使います。

(5)推しピ

「推しピ」は推している人(ピープル)の略語です。

通常ピープルは複数人を指しますが、「推しピ」の場合は特定の1人に対しても使います。

(6)推しグラス

推しグラスとは、透明のグラスに推しの名前を大きく書いたもので、2021年前半にTikTokをきっかけとして流行しました。

作った推しグラスは部屋に飾ったり、推しのメンバーカラーのドリンクを入れて楽しんだりします。

以下の記事では、実際に推しグラスの作り方を紹介しています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

「推し」の使い方

続いて、「推し」の使い方を見ていきましょう。

人だけでなく好きな物に対しても使われる

「推し」は、自分が大好きで応援するアイドルや俳優などを紹介する際に使います。また、社内や学校など身近な存在に対しても使うことができます。

さらにはアニメやマンガ以外にもゲーム、鉄道、歴史、食べ物など、人に薦めたいほど好きなもの全てが「推し」の対象。

ちなみに、推しのイメージカラーを「推し色」、推し色を使ったコーデを「推し色コーデ」などと言います。

例文

それでは、「推し」を使った例文をいくつか紹介します。

・「推しが尊すぎてつらい」

・「推ししか勝たん」

・「このアイドルグループの中では彼が推し!

・「このクラスの推しはあの人だね」

・「この店の推しメニューはこれだよ!」

・「このドラマ推してるから絶対見てね」

次のページでは、「推し」と「自担(じたん)」「ファン」「好き」の違いを解説します。

次のページを読む

SHARE