お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「推し」の意味とは? 「ファン」との違いと使い方

ひらり

最近注目の「推し」という言葉。今回は、その語源や使い方、例文などを詳しく解説します。「神押し」「箱推し」など関連用語を押さえながら、新しい言葉を正しく理解しましょう。

SNSなどで「推し」という言葉を目にしたことはありませんか。

最近ではテレビ番組で「推し」が特集されるなど、若者だけでなく幅広い世代でこの言葉が使われています。

今回は、「推し」が好意を表す言葉だということは知っていても、使い方やニュアンスまでは知らない人向けに、意味を徹底解説します。

「推し」とは?

「推し」とは、一推しのメンバーを指す「推しメン」をさらに略した言葉です。

アイドルグループ内で最も応援しているメンバーを指す言葉として以前から使われていましたが、AKB48の人気と共に世間に広く知られるようになりました。

「推し」の語源

語源は、推薦や薦めるという意味の「推す」からきており、誰かにおすすめしたいほど好きな様子を表しています。

その存在を独り占めしたいわけではなく、他の人にも良さを伝えたい、興味を持ってくれたらうれしいという気持ちがニュアンスとして含まれる点が特徴。

したがって、「好き」よりもさらに強い愛が感じられる言葉です。

世間一般に浸透する「推し」の概念

最近では小説やマンガなど多くのコンテンツで、「推し」をテーマにした作品が作られています。

その中でも、第164回芥川龍之介賞を受賞した小説『推し、燃ゆ』は、大きな話題となり、ベストセラーとなりました。この作品は海外でも高い評価を受けており、世界の国や地域で翻訳出版も決定しています。

マンガでも「推し」をテーマにしている作品は人気を集めています。

青年が前世の記憶を持ったまま、推していたアイドルの子どもに生まれ変わるマンガ『推しの子』は、2020年に連載が始まるとたちまち人気作品となりました。

また、マンガやアニメで話題の『推しが武道館いってくれたら死ぬ』は、女性地下アイドルグループと彼女たちの熱狂的なファン(アイドルオタク)たちを描いたコメディ作品です。

このように、「推し」という概念は一般的にも定着し、多くの人が使っている言葉なのです。

人だけでなく好きな物に対して使われる場合も

元々はアイドルに対して使われていた「推し」ですが、現在はさまざまなジャンルで使われています。アニメやマンガ以外にもゲーム、鉄道、歴史、食べ物など、人に薦めたいほど好きなもの全てが「推し」の対象となっています。

他にも、アイドルのイメージカラーを「推し色」、推し色を使ったコーデを「推し色コーデ」などと言います。

次ページ:「推し」の使い方

SHARE