お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

Tinder(ティンダー)は身バレする? 知人にバレる理由と身バレ防止法

かねきあす佳(aska.)

Tinder(ティンダー)は身バレする可能性がある? マッチングアプリの使用を周囲に知られたくない人もいるはず。今回は、Tinderの使用が知人にバレる原因を徹底解説。身バレを防止する設定のコツを詳しく紹介します。

「Tinderは使いたいけれど、身バレが怖い」「Tinderユーザーだと知人にバレたくない」そんな風に思ったことはないでしょうか。恋愛はこっそり楽しみたい派もおり、マッチングアプリを使っていることを知られたくないという人は多くいます。

さらに、Tinderは位置情報を利用するマッチングアプリだからこそ、より身バレが気になるところ……。

本記事では、Tinderを使用していて身バレする理由や身バレ防止方法を解説します。

出会いを求めながらも身バレを防止したいTinderユーザーは、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

Tinderで身バレする可能性はある?

結論から言うと、Tinderを利用していても基本的には身バレの心配はありません。アプリやスマホの機能を上手に使って対策をすれば、Tinderに登録していることは基本的にはバレにくいからです。

ただし、バレる可能性は0ではないので要注意。身バレする理由や、その対策法を押さえておかないと、身バレする危険があることは理解しておきましょう。

Tinderで身バレする理由

Tinderのプロフィール内容や登録方法などによっては、身バレする確率が高まります。また、あなたの何気ない言動からバレるケースも。

身バレを防ぎたい人は、これらの項目に該当していないか確認してください。

(1)特定されやすいプロフィールを設定した

居住地や職場のある地域、出身校など、あなたが特定されやすい情報をTinderのプロフィールに書くと、知人に身バレする可能性が高まります。プロフィール内容には細かな情報を記載しないよう心がけましょう。

親しくなった相手のみに、少しずつ開示していくのがいいでしょう。

(2)Tinderユーザーが少ない地域に住んでいる

地方などTinderを利用しているユーザーが少ない地域だと、身バレの危険性が高まります。

Tinderは、登録された位置情報により、あなたとの距離が近いユーザーを表示する仕様のマッチングアプリ。地域にTinderユーザーが少なければ、その分知り合いと遭遇する可能性が高いでしょう。

(3)Facebookを利用している

Tinderに登録する方法は、Facebookアカウントの使用と電話番号登録の2種類です。

登録時にFacebookのアカウントを使用すると、Facebookのシステムにより身バレする可能性があります。原因となる2つの機能を紹介します。

Facebookの「共通のつながり」機能

Tinder登録時にFacebookアカウントを使用すると、「共通のつながり」機能でTinderの使用がバレる可能性があります。

「共通のつながり」とは、Facebookで共通の友達がいる際に表示される項目のこと。

例えば、Aさんとマッチングした場合、自分とAさんが2人ともBさんとFacebookで友達であれば、共通のつながりとしてBさんの名前がプロフィールに表示されます。

そのため、共通の友達がいると知ったマッチング相手が、あなたとFacebook上の友達に「この人は知り合い?」と尋ねてしまう可能性があります。Facebookで登録すると、共通のつながり機能はオフにできません。

Facebookの「他の人が使用しているアプリ」機能

他の人が使用しているアプリというFacebookの機能も、身バレを防ぐ場合には注意が必要です。Facebookと連携させているアプリを表示させる機能のため、Tinderを使っていることがFacebookの友達にバレてしまうかもしれません。

この機能は、Facebookの設定で公開情報を「自分のみ」にすることで対処できます。

初期状態では「自分のみ」の表示設定になっていますが、Facebookを使ううちに操作を誤って設定を変更している可能性があるため、改めてチェックしましょう。

次ページ:Tinderで身バレを防止する方法

SHARE