お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「お世話になっております」の正しい使い方と返し方【例文付】

uzura

メールや電話で登場する「お世話になっております」「お世話になります」の一言。この正しい使い方って知っていますか? 今回はビジネス敬語に詳しいライターのuzuraさんが、言葉の意味や使い方、返し方などを詳しく解説します。

ビジネスにおいて取引先とのメールや電話の枕詞として使用する「お世話になっております」「お世話になります」の言葉。

よく使うけれど、詳しい意味や正しい使い方を意識している人は少ないかもしれません。

今回は、そんな曖昧に覚えていた「お世話になっております」の意味や使い方、使う相手や適切なシーンなど、例文を交えてご紹介していきます。

「お世話になっております」の意味

「お世話になっております」という言葉に含まれる「お世話」とは「面倒をみる」「間に立って関係を取り持つ」などの意味があります。

そのため、「お世話になっております」は「面倒を見て頂きありがとうございます」といった意味になります。

ビジネスメールや会話の際に事務的に交わしている枕言葉となってしまっていますが、実は相手への感謝や思いやりが込められた言葉。意味を知って使うと、気持ちのこもったやり取りができそうですね。

「お世話になっております」と「お世話になります」の違い

「お世話になっております」と「お世話になります」の違いは、いつもお世話になっているのか、これからお世話になるのかといった時系列の違いになります。

「(いつも)お世話になっております」

「(これから)お世話になります」

「お世話になっております」は日頃から現在進行形でお世話になっている場合に使う言葉。

一方、「お世話になります」はまだ面識があまりない状態でこれからお世話になる場合に使われています。

次ページ:「お世話になっております」の使い方

SHARE