お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

仕事が苦痛な原因とは? 9つの解決策

大塚統子(心理カウンセラー)

暇、つまらない、苦手、向いていない……など、仕事を苦痛に感じる原因はさまざま。飲み会やランチの時間のコミュニケーションが苦手な方もいるかもしれません。今回は、心理カウンセラーの大塚統子さんが仕事を苦痛に感じる原因と解決策を解説します。

「仕事が苦痛でつらい……」と思う瞬間は、働く人の多くが経験しているでしょう。

そう簡単に仕事を辞めるという判断もできず、ストレスがたまっている人も少なくないのではないでしょうか。

そこで今回は、仕事を苦痛に感じる原因と解決策を紹介します。仕事の苦痛を解消して、少しでも楽な気持ちで働けるようになりますように。

仕事が苦痛に感じる原因

仕事に行けるのが楽しくて、毎日ワクワクしていたら、仕事が苦痛だなんて思わないでしょう。

仕事が苦痛に感じる原因は人によってさまざま。代表的な苦痛の原因を挙げていきます。

(1)人間関係がうまくいかない

仕事の内容は気に入っているのに、上司と合わない、苦手な人がいるなど、人間関係がうまくいかないことが原因で仕事を辞めたいと思う人は非常にたくさんいます。

コミュニケーションのすれ違いで、「自分の気持ちを分かってもらえない」「イライラする」「攻撃される」「孤立して寂しい」などの感情が苦痛の元かもしれません。

(2)仕事が向いていない

「この仕事は自分に合わないのでは?」と思い、向いていない仕事を続けていくことに苦痛を感じる人もいます。もちろん、今の仕事には興味や適性がなく、他にもっと向いている仕事がある場合もあります。

ただ、感情に着目すると、「自分はうまくできていない」「人に迷惑を掛けているのではないか」「仕事にやりがいを感じられない」といった気持ちがあるのかもしれません。

(3)仕事の負担が大きすぎる

自分の能力以上の仕事を任されるプレッシャーが続く、ノルマや長時間労働をこなす気力・体力が限界など、仕事の負担が大き過ぎるのが苦痛の原因である場合もあります。

感情的には「頑張らないと見捨てられる」「自分は役に立たないのではないか」といった人の期待に応えられない不安や、「もうこれ以上頑張れない」と行き詰まって疲れきった気持ちがあるのかもしれません。

(4)待遇が悪い

自分の働きに対して給与・社会保障などの待遇面が不十分というのが、仕事が辛くなる原因のことも。

本当に苦痛に感じているのは、「報われない虚しさ」「価値が認められない」「大切にされない悲しさ」とか、漠然とした未来への不安、時間や経済的な余裕のなさから好きなことができない不自由さかもしれません。

次ページ:仕事を苦痛に感じている時にやってはいけないこと

SHARE